N・ポートマンが広告塔のクリスチャン・ディオール最新広告、イギリスで掲載禁止に

最新ニュース

ナタリー・ポートマン
  • ナタリー・ポートマン
ナタリー・ポートマンがイメージキャラクターを務める「クリスチャン・ディオール」のマスカラの最新広告が、英国広告基準局(ASA)の勧告によりイギリスで掲載禁止となった。同ブランドのライバルでもある「ロレアルUK」によれば、ナタリーが出演した同広告は、写真の加工によりマスカラの効果が誇張されすぎているとのことだ。

これに対してクリスチャン・ディオール側は、広告写真に「ポストプロダクション段階での加工テクニック」が駆使されたことを認めたものの、広告が消費者に誤解を招いているという主張に対しては真っ向から否定している。同ブランドのスポークスパーソンは「弊社と致しましては、ポストプロダクション段階での加工テクニックによって、お客様が商品を使ったことで得られる実際の効果を水増しているとは考えておりません」とコメントを残している。

さらに同ブランドによれば、本来は今回のナタリーの広告を口紅用に使用するつもりだったものの、後にマスカラ用のキャンペーンに変更したという。

ただ、ASAは現時点で消費者側から同広告がマスカラの効果を誇張しすぎているとの苦情を受けたわけではないとし、ナタリーの出演広告は「スタイリッシュで、整ったまつげのために、ナタリーのまつげのカーブと長さを増加させ、痛んだまつげを補う」ためにデジタル加工されたものだと付け加えているという。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top