K-POPスターのジョンフン、オカマとのキスシーンに思わずしかめっ面!?

最新ニュース

『ミスター・ジョンフン!! 私のスターはチキン男?』初日舞台挨拶
  • 『ミスター・ジョンフン!! 私のスターはチキン男?』初日舞台挨拶
  • 『ミスター・ジョンフン!! 私のスターはチキン男?』初日舞台挨拶
  • 『ミスター・ジョンフン!! 私のスターはチキン男?』初日舞台挨拶
オリジナルとしては約2年ぶりとなるニューシングル「MESSAGE」と、5月に発売しオリコン・デイリーチャートで5位にランクインした邦楽カヴァーアルバムの第2弾「VOICE 2」を同時リリースしたK-POP歌手・John-Hoon(ジョンフン)主演のショートムービー『ミスター・ジョンフン!! 私のスターはチキン男?』。本作の公開初日舞台挨拶が、10月31日(水)にTOHOシネマズ六本木にて開催された。

コメディ初挑戦のジョンフンが本人役で出演した本作。ステージで見せる完璧でカッコいい姿と、実はジャージ姿に身を包むビビりな小心者のチキン男であったという対照的な役を熱演している。

この日はハロウィン当日ということで、全身黒の衣装と胸元にオレンジ色のスカーフをアクセントに登場したジョンフン。「今日がハロウィンだってさっき知りました」とおどけつつも、劇中に登場するうさぎのぬいぐるみもハロウィン仕様にコスプレさせ、ファンを喜ばせていた。「本人役は初めてでした。(本当は)チキン男じゃないのに…性格もクールだし」と本人の腑に落ちない様子に、会場からは「え〜っ」、「じゃあ何男?」という声が沸き上がるも「(ご想像は)みなさんのお好きなように。でも、僕はチキン男じゃない!」と流暢な日本語できっぱりと否定。また、本日応援に駆け付けた岡元監督からの「クールでカッコいい逆の一面をファンのみなさんに見せたかった」とのコメントに、すでに映画を鑑賞した会場からは頷くように納得の声が。

「とにかく日本語の演技が難しかった。あと…(オカマとの)キスシーンが本当に気持ち悪かった! 次回は女優さんとお願いします」としかめっ面で苦労を明かすジョンフンに、監督からはフォローが入ると思いきや「脚本書いててなんですけど、実際のシーンは数センチのところで寸止めしてるんです。でもカットをかけるのをわざと遅くしたりしました(笑)」と思わぬカミングアウトが! しかし、「そこに役者魂を感じた」と撮影をしみじみとふり返り、“役者”ジョンフンに賞賛を送っていた。

実は今回、ジョンフンが歌う主題歌「MESSAGE」の楽曲の提供、さらにプロデュースを手がけた河村隆一も本人役で劇中に特別出演しており、共演の感想を聞かれると「最初は壁があると思ったけど、話していくうちにすごく優しい人でした。それにイケメン!」と笑顔でコメント。最後には「2年ぶりのシングルもすごくカッコいいカバーアルバムに仕上がった。原曲が良いもで、自分なりのスタイルでカバーしたのでぜひ聴いてください!』と締めくくり、やはり“歌手”らしく楽曲に対する自信のほどを覗かせていた。

『ミスター・ジョンフン!! 私のスターはチキン男?』は東京、大阪、名古屋、福岡、仙台の全国5都市にて5日間限定で公開中。
《text:cinemacafe.net》
page top