マリリンの写真など20世紀を代表するアイコニックな品々が、オークションに出品

最新ニュース

マリリン・モンロー
  • マリリン・モンロー
オークションハウスのクリスティーズ・サウス・ケンジントンが、毎年恒例のオークション「ポップ・カルチャー」を今月開催し、20世紀を代表する貴重な品々が出品されることになった。

胸の部分が円錐型にデザインされたジャン=ポール・ゴルチエによるマドンナのコルセットから、ミック・ジャガーが着た「オジー・クラーク」のスパンコール・ジャンプスーツ、さらに白のドレスをまとい、おなじみのセクシーポーズで決めるマリリン・モンローの写真に至るまで、20世紀のエンタメ界を象徴する品々が今回のオークションで落札される予定だ。クリスティーズのケイトリン・グラハム氏は「今回我々がお届けするのは20世紀の各10年ごとを象徴する品々です」とアピールしている。

今回、160ロットを集めた同オークションに出される品々は、それぞれおよそ800ポンド(約10万円)から4万5,000ポンド(約570万円)で値付けされている。グラハム氏は「近年では音楽界のスターの品ですと、かなり価格が急騰する傾向があります。しかも、音楽とファッションの歴史的品々となれば、美術館や博物館のみなさまも参入なさるので尚更です」と続けた。

さらに、「ザ・ビートルズ」のプロモーション・ポスターやエルヴィス・プレスリーの「ロレックス」の時計、「ニルヴァーナ」が1991年に発表した「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」のPV内で叩き割ったギターなども出品予定だという。

今月24日〜28日(現地時間)まで同オークションハウス主催の展示会で、出品される品々がお披露目され、29日(現地時間)にオークションが開催される予定だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top