アン・ハサウェイ「もうあなたは他人(笑)」オスカー監督の“失言”に怒り心頭!?

最新ニュース

『レ・ミゼラブル』来日スペシャルイベント
  • 『レ・ミゼラブル』来日スペシャルイベント
  • 『レ・ミゼラブル』来日スペシャルイベント
  • 『レ・ミゼラブル』来日スペシャルイベント
  • 『レ・ミゼラブル』来日スペシャルイベント
  • 『レ・ミゼラブル』来日スペシャルイベント
  • 『レ・ミゼラブル』来日スペシャルイベント
  • 『レ・ミゼラブル』来日スペシャルイベント
  • 『レ・ミゼラブル』来日スペシャルイベント
世界最長のロングラン記録を誇るミュージカルの金字塔を鮮やかに映画化した『レ・ミゼラブル』がついに完成し、11月28日(水)、東京国際フォーラムで開催されたジャパンプレミアで日本のファンにお披露目! 主演のヒュー・ジャックマンを始め、共演するアン・ハサウェイとアマンダ・セイフライドという豪華な顔ぶれが揃って来日を果たした。当日はファン2,500人を前にした異例の“公開記者会見”を行い、トム・フーパー監督、舞台版の生みの親でもあるプロデューサーのキャメロン・マッキントッシュと共に、作品の魅力や撮影現場の様子を語った。

自由を求め民衆が立ち上がろうとした19世紀フランスを舞台に、人としての正しき道を模索する元囚人の主人公ジャン・バルジャンの波乱万丈な人生を軸に、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞したフーパー監督が絶望的な環境の中でも、希望を信じて今日を懸命に生き抜く人々の姿を描く。

親日家として知られ、今夏にも主演作の撮影で来日したばかりのジャックマンは「私は日本に来てとても嬉しいです。素晴らしい!」と日本語で挨拶し、続けて英語で「日本にはもう10回以上来ているからね。今回は自分にとって、とても特別な作品と一緒に来日できて普段以上に喜んでいるよ」とニッコリ。劇中では見事な“生歌”も披露し「もともと舞台俳優だし、現場で歌を録音するというスタイルだったから、毎日舞台の初日を迎える気分だった」とふり返った。

メガホンをとったフーパー監督は、「主演の候補はヒュー・ジャックマンしかいなかった」と断言したが、セイフライドの起用を「天使の歌声を持った、世界で一番美しい女優だから」と説明すると、隣で“失言”を耳にしたハサウェイは「What!? もうあなたは他人よ」と怒り心頭!? 「でも、(監督の発言には)同意するわ。私自身も出演が決まった喜びを、いまも感じているほどなの」と語り、その飾り気のない素顔にファンも大盛り上がり。

映画には、元囚人であるバルジャンを執拗に追う情け容赦ない警官・ジャベール役のラッセル・クロウ、コゼットの恋人・マリウス役のエディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエンら豪華キャストが集結。才能と個性あふれるキャスティングの実現に、フーパー監督は「ここにいるみなさんが、『レ・ミゼラブル』を映画化するという私の夢を実現させてくれた」と感謝の意を表していた。

『レ・ミゼラブル』は12月21日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top