N.Y.映画批評家協会賞3部門受賞! 『ゼロ・ダーク・サーティ』賞レースで一歩リード

最新ニュース

『ゼロ・ダ−ク・サーティ』 ジェシカ・チャスティン場面写真
  • 『ゼロ・ダ−ク・サーティ』 ジェシカ・チャスティン場面写真
  • 『ゼロ・ダ−ク・サーティ』 ジェシカ・チャスティン場面写真
オスカーの前哨戦と言われる「N.Y.映画批評家協会賞」が12月3日(現地時間)に発表となり、キャスリン・ビグロー監督の最新作『ゼロ・ダーク・サーティ』が作品賞、監督賞、撮影賞の3部門を受賞! この喜ばしい報せと共に、本作の主演ジェシカ・チャスティンの場面写真が解禁となった。

2011年5月2日に実行されたオサマ・ビンラディン捕縛作戦、そして暗殺…。『ハート・ロッカー』でアカデミー賞作品賞・監督賞を受賞したビグロー監督が、本作で2001年9月11日からその日まで、実際にはどんな計画が立てられ、何が行われてきたのかを描き出す。

タイトルにもなっている“ゼロ・ダーク・サーティ”とは午前12:30を表す米軍軍事用語。そして、ビンラディンの捕縛作戦を決行した時刻を表しているものだ。11月に行われたアメリカ大統領選への影響が懸念され、箝口令が敷かれていた本作は、ビンラディン捜索から捕縛に至るまでの道のりを事実に基づき忠実に描くと共に、追跡劇に関わった人々の苦悩を衝撃的かつ赤裸々に、そしてリアルに再現した内容になっているという。主演のジェシカは、この作戦に加わったテロリストの追跡を専門に活動する若きCIA分析官・マヤを演じている。

今回、解禁となった写真の1枚では、ジェシカは髪を一つに結び、どこか思い詰めたような表情をしている。反対にその長い髪を垂らしたもう1枚の写真では、茫然としたような、取り乱した表情にも見える。ビンラディン殺害は、襲撃を行ったネイビーシールズばかりに注目が集まっていたが、実際にはこのひとりの女性が大きなカギを握っていたという新たなる真実を綿密な取材記録をもって描かれるようだ。

12月19日の全米での限定公開を前に、早くもアカデミー賞候補としての呼び声が高い本作。長きにわたりその存在を追跡し、ビンラディンを追いつめていくマヤの執念と使命を、ジェシカがどう演じているかに期待が高まる。

『ゼロ・ダーク・サーティ』は2013年2月15日(金)よりTOHO シネマズ有楽座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top