アニメ界の“アカデミー賞”8部門にノミネート 話題のアニメ映画が日本上陸決定!

最新ニュース

『パラノーマン ブライス・ホローの謎』 -(C) 2012 2012 LAIKA, Inc. All Rights Reserved.
  • 『パラノーマン ブライス・ホローの謎』 -(C) 2012 2012 LAIKA, Inc. All Rights Reserved.
アニメ界の“アカデミー賞”と言われるアニー賞で、主要8部門ノミネートを果たし、すでに公開を迎えている全米では大ヒット記録を打ち立てた『パラノーマン ブライス・ホローの謎』が、2013年3月に日本に上陸することが決定し、このほどその最新ビジュアルがお披露目となった。

舞台は、300年前に“魔女狩り”の現場になったと言われている町ブライス・ホロー。そこに住む、ホラー映画や悪霊伝説が大好きな11歳の少年・ノーマン。しかも彼は、死んだ人たちと会話することのできる変わった能力をもっていた。そんな誰にも理解されない能力のせいで、家族関係は悪化し、学校でも毎日イジメられて、すっかり変わり者扱いされてしまっていた。そんなある日、ノーマンは疎遠になっていた叔父さんに再会し、衝撃の事実を打ち明けられ…。

アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされた『コララインとボタンの魔女 3D』を手がけたハリウッド最高峰のアニメーション製作会社ライカ・エンターテインメントが、構想10年、制作期間3年を費やして完成させた最新3Dストップモーション・アニメで描かれる本作。死者と話せる少年・ノーマンが、300年前に封印された町(ブライス・ホロー)の秘密を解き明かす奇妙な大冒険が繰り広げられる。

全米公開時では、興行収入が55,867,900ドル(12月2日時点)と、ストップモーション・アニメの名手ティム・バートン監督が手がけた『ティム・バートンのコープス・ブライド』('05年)を抜き、ストップモーション・アニメの歴史上トップ5に入る好成績を収めている。

さらに、今回解禁されたビジュアルからもお分かりいただける通り、一コマ一コマ丁寧に描かれた本作は、アニメ界の“アカデミー賞”と称されるアニー賞で『フランケンウィニー』『メリダとおそろしの森』『シュガー・ラッシュ』と並び「アニメーション映画賞」にノミネート。さらに、そのほか「監督賞」を含む計8部門でノミネートを果たしており、アカデミー賞でのゆくえにも今後、注目が集まりそうだ。

『パラノーマン ブライス・ホローの謎』は2013年3月29日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top