妖怪教師・ベラ、青山学院に現る! 杏が小学生250人に課外授業

最新ニュース

『映画 妖怪人間ベム』ベラ課外授業
  • 『映画 妖怪人間ベム』ベラ課外授業
  • 『映画 妖怪人間ベム』ベラ課外授業
  • 『映画 妖怪人間ベム』ベラ課外授業
昨年10月より日本テレビで放送され、最高視聴率18.9%を記録した人気ドラマ「妖怪人間ベム」。映画化が決定し、亀梨和也(KAT−TUN)、杏、鈴木福の3人がドラマ版に引き続きベム、ベラ、ベロを演じる本作だが、12月8日(土)にベラを演じる杏が自身の母校・青山学院初等部にて小学校5、6年生の250人の生徒たちに向け、課外授業の一環としてトークイベントを行った。

正義の心を持ちながらも、醜い妖怪であるために人間から恐れられる“妖怪人間”ベム・ベラ・ベロのダークヒーローたちの悪との激闘を描く本作。映画版では、ベムたちが訪れた街で、奇妙な連続未解決事件が発生するところから物語は幕を開け、シリーズ最強の敵との戦いが繰り広げられる。

おなじみの濃紺のローブをまとい、怪しい色の長い爪にはいつものムチではなく、マイクに持ち替えて妖怪人間・ベラの姿で現れた杏さん。子供たちは、TVの中のダークヒーローの登場に大熱狂で迎えた。「あたしはベラってんだけど、まぁ、どこにでもいる妖怪人間さ。今日は変身しないから安心していいよ」とアメとムチよろしく挨拶し、授業をスタートさせた杏さん。「ちょっとしたおまじないをベラから教えてやろうと思って、今日は来たんだ。そのおまじないっていうのは『“これでいい”より、“これがいい”』。つまり『選ぶ』ことなんだ。小さいことでも『これがいい』という選択を重ねた人たちは、大人になって大きな選択を迫られたとき、同じように選ぶことができるんじゃないのかな、ってわけさ」と、将来何になりたいか迷う子供たちに必要なことや、昔、人間として青山学院に在学していた頃の思い出などを語った。

そのほかにも「女優になるには?」、「仕事で楽しかったこと、つらかったことは?」、「歴史好きになったきっかけは?」など次から次へと飛び出してくる子供たちからの質問に対して、一つ一つ丁寧に答える杏さん。無事、課外授業を終えた杏さんは「恐れ多くも先生のような形で授業をやらせてもらえるというのはなかなか無い経験で、ドキドキしていたのですが、やはりこうして初等部のみんなと会うことができて嬉しいです。根っこの部分はみんな変わらないんだな、と思い安心しました」と安堵の表情。「これからみんながどんな一日一日を過ごして、選んで、大人になっていくのか、私も影ながら応援していきたいと思います」と生徒たちにメッセージを送り、妖怪人間・ベラとしてだけでなく、社会で活躍する頼もしい先輩としての顔をのぞかせていた。

『映画 妖怪人間ベム』は12月15日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top