英キャサリン妃、医師団の厳しい観察下でも再度入院の可能性あり

最新ニュース

ウィリアム王子、キャサリン妃
  • ウィリアム王子、キャサリン妃
第1子を妊娠した英キャサリン妃は、十分な水分補給のために医師団の厳しい観察下に置かれているようだ。6日(現地時間)に、重度のつわりである妊娠悪阻で4日間の治療を受けたロンドン市内のキング・エドワード7世病院から退院したばかりのキャサリン妃は、今後も吐き気を抑えるために適度な水分補給をすることが必要だということだ。

さらに、ロンドン・ウィメンズ・クリニックのピーター・ボーウェン・シンプキンズ院長が英イブニング・スタンダード紙に語ったところによれば、キャサリン妃は腹部の膨満を避けるため、錠剤と共に、食事も少量のドライ・フード類の摂取のみに制限されているようだ。

退院したキャサリン妃は、皇室専門医のマーカス・セッチェル医師とアラン・ファーシング医師の下、ケンジントン宮殿で今後も静養を続けるという。

ただ、シンプキンズ医師によれば、妊娠悪阻による体調の悪化は今後数週間以上は続くことから、今後またキャサリン妃が点滴を受けるために入院する可能性は十分にあるという。そんな中、先週にはオーストラリアのラジオ局のDJによる偽の電話を受けた、キャサリン妃が入院していた同病院の看護師が、精神的苦痛を受けて自殺しているが、問題の電話をかけた2人のDJは涙ながらに謝罪している。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top