ジャスティン・ビーバー、熱烈ファンから「殺害後、去勢」の殺害計画の標的に!?

最新ニュース

標的となったジャスティン・ビーバー
  • 標的となったジャスティン・ビーバー
ジャスティン・ビーバーが、殺人未遂事件の標的になっていたことが明らかとなった。米ニューメキシコ州にて服役中の殺人犯で、今回の事件の首謀者であるダナ・マーティンは、ジャスティンを“殺害後、去勢する”という残酷な計画を立てていたものの、先月ダナがヒットマンとして雇ったラス・クルーセス刑務所での囚人仲間だったマーク・スタークと、その甥のタナー・ルエインの2人が犯行直前にニューヨークにて警察に逮捕され、ジャスティンへの犯行は水際で食い止められていたという。

さらに、ニューメキシコの「KRQE News」の報道によれば、2000年にバーモント州で15歳の少女を強姦して殺害した罪で2つの終身刑を受けて現在服役中のダナは、マークとタナーの2人が、ジャスティンがコンサートをしていたマディソン・スクエア・ガーデンのあるニューヨークでジャスティンを殺害するという計画を実行する直前に、警察にその計画を告白してしまったようだ。

警察の聴取によれば、脚にジャスティンのタトゥーを彫っているというほどの熱狂的なジャスティンのファンであるダナ。マークとタナーの2人にジャスティンとそのボディーガードらを誘拐させ、ペイズリー柄のネクタイで絞め殺した後、タナーにジャスティンの睾丸を切り取るように指示していたという。

また、逮捕後タナーはニューヨークで拘置されており、その際に剪定バサミなど犯行用の道具を所持していたという。ファンの思いとは、時にかくも恐ろしい…。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top