オスカー前哨戦のサテライト・アワード、『世界にひとつのプレイブック』が主要5部門を制覇

最新ニュース

ビバリー・ヒルズにて行われた『世界にひとつのプレイブック』試写会に出席したブラッドリー・クーパー -(C) ロイター/AFLO
  • ビバリー・ヒルズにて行われた『世界にひとつのプレイブック』試写会に出席したブラッドリー・クーパー -(C) ロイター/AFLO
オスカー獲得を目指す賞レースのシーズンがいよいよ始まり、今月16日(現地時間)に前哨戦の一つである第17回サテライト・アワードが発表になった。ゴールデン・グローブ賞4部門ノミネート作『世界にひとつのプレイブック』が作品賞、監督賞など5部門を制覇した。

愛する人を失い、心に傷を負った男女の再生を描くデヴィッド・O・ラッセル監督のロマンティック・コメディとなる本作はこのほか、主演のブラッドリー・クーパーとジェニファー・ローレンスがそれぞれ主演男優賞、女優賞を受賞、編集賞にも輝いた。ラッセル監督の脚色賞受賞も目されていたが、同賞はアン・リー監督の『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』に譲った。『ライフ・オブ・パイ〜』は撮影賞も受賞した。

エンターテインメントのジャーナリストが所属する国際プレス・アカデミー(IPA)が選ぶサテライト・アワードは独自のチョイスが目を引く。8部門でノミネートされ、1月に発表される第70回ゴールデン・グローブ賞で最多7部門にノミネートされている『リンカーン』は美術賞のみの受賞。助演男優賞は『007 スカイフォール』で怪演を見せたハビエル・バルデムが受賞。

外国語映画賞は、日本でも大ヒット中の『最強のふたり』とキム・ギドク監督の『Pieta』(原題)がタイで並んだ。

受賞結果は以下の通り。

第17回サテライト・アワード 受賞結果一覧
作品賞:『世界にひとつのプレイブック』
監督賞:デヴィッド・O・ラッセル(『世界にひとつのプレイブック』
主演男優賞:ブラッドリー・クーパー(『世界にひとつのプレイブック』
主演女優賞:ジェニファー・ローレンス(『世界にひとつのプレイブック』
助演男優賞:ハビエル・バルデム(『007 スカイフォール』
助演女優賞:アン・ハサウェイ(『レ・ミゼラブル』
オリジナル脚本賞:マーク・ボール(『ゼロ・ダーク・サーティ』
脚色賞:デヴィッド・マギー(『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
外国語映画賞:『最強のふたり』、『Pieta』(原題)
ドキュメンタリー賞:『Chasing Ice』(原題)
アニメーションおよびミックス・メディア賞:『不思議の国のガーディアンズ』
撮影賞:クラウディオ・ミランダ(『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
美術賞:リック・カーター(『リンカーン』
衣裳デザイン賞:マノン・ラスムッセン(『The Royal Affair』原題)
オリジナル作曲賞:アレクサンドル・デスプラ(『アルゴ』
オリジナル歌曲賞:「Suddenly」(『レ・ミゼラブル』
音響賞:『レ・ミゼラブル』
視覚効果賞:『フライト』



© ロイター/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top