桐谷美玲、理想の愛はスッピン&ジャージでいられる「飾らない愛!」

最新ニュース

BeeTV「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」女子会イベント(左から、中村ゆり&桐谷美玲&矢田亜希子)
  • BeeTV「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」女子会イベント(左から、中村ゆり&桐谷美玲&矢田亜希子)
  • BeeTV「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」女子会イベント(左から、中村ゆり&桐谷美玲&矢田亜希子)
  • BeeTV「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」女子会イベント(桐谷美玲)
  • BeeTV「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」女子会イベント(桐谷美玲)
  • BeeTV「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」女子会イベント(矢田亜希子)
  • BeeTV「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」女子会イベント(矢田亜希子)
  • BeeTV「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」女子会イベント(中村ゆり)
現在配信中のBeeTVドラマ「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」に出演する桐谷美玲、矢田亜希子、中村ゆりが出席してのクリスマス女子会が12月22日(土)に都内で開催された。

12月20日(木)より配信が開始された本作。桐谷さん演じる主人公を始め、19人もの男女の様々な恋愛模様が複雑に絡み合っていくさまがコミカルかつロマンティックに描き出される。

桐谷さんらはそれぞれにクリスマスをイメージしたドレスで登場。クリスマスの思い出を尋ねると、桐谷さんは「私は子供の頃から現実的で、絶対にサンタさんなんかいないと思ってて、クリスマスが近づくと家中の押入れに(親が買って隠した)プレゼントがないかを探してました」と告白。

矢田さんは正反対に子供の頃からクリスマスが楽しみで仕方がなかったようで「とりあえず12月に入ったら靴下を飾ってワクワクしてました。誕生日(12月23日)もクリスマスと近いので一大イベントで23日、24日、25日と連続してパーティでした」と明かす。

中村さんは「子供のときから親から『サンタさんなんていないし、プレゼントを買ってるのは親なんだから親に感謝しなさい』と言われて育ちました。私自身、クリスマスは苦手で、改まって恋人と会ったりするのは恥ずかしいし照れる。『喜ばなきゃいけないのかな?』と思ったりする」とさらにタイプが異なるクリスマスに対するスタンスを明かすなど、まさに三者三様! 今年のクリスマスの過ごし方についても「(出演する)『ニュースZERO』の生放送がある」(桐谷さん)、「友達呼んでパーティします!」(矢田さん)、「何も決めてないけど普通に家にいそう…(苦笑)」(中村さん)と見事なまでにバラバラだった。

ドラマでは桐谷さんは津川雅彦に石倉三郎、六平直政らおじさまたちと共演を果たしたが「雨待ちのときにファミレスでおじさまたちの輪に入って60年前の映画の話や『オレは誰が好きだった』なんていう貴重なお話を聞かせていただきました(笑)」とベテラン俳優陣からモテモテだったよう。

矢田さんは岡田義徳と夫婦役を演じたものの、夫婦仲は最悪という設定だけに「岡田さんとは10代の頃以来、十何年ぶりの共演で初めての夫婦役だったんですが、普段はすごく仲良くしゃべってたのに『本番』の声が掛かるとブチ切れてました」とふり返る。

中村さんは鶴見辰吾と不倫関係にある役で「思い切りダメな不倫をやろうと思いました。(共演の)かとうかず子さんから『よかったわね、初めての不倫がキタナイおじさんじゃなくて』と言われたんですが(笑)、鶴見さんは本当に素敵でかわいくて、こっちが母性を感じるようなキャラできてくれました」と楽しそうに明かした。

不倫に離婚に恋人を作らない女などドラマでは多種多様な愛が展開するが、それぞれの理想の愛の形を尋ねると桐谷さんは「“飾らない愛”。一緒にいても気を遣わず、すっぴんでTシャツにジャージで大丈夫な関係がいい」と語る。矢田さんが掲げたのは「家族愛」。「理想の形はやっぱりやすらぎ。離れてても常に思いやる気持ちが大切」と説く。そして中村さんは“強”と書かれたハートのオブジェを掲げ「家族なり愛している人がいるから強いんだと思います。見返りなしで愛してくれる人がいるだけで何でも乗り越えられる。深いところで支えてくれるのが本当の愛かな」と愛の効用を語った。

「ラブ・スウィング〜色々な愛のかたち〜」はBeeTVにて配信中。

公式サイト:http://pre.beetv.jp/pg/10000428/
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top