宮崎あおい&向井理、クリスマス・プレゼントの似顔絵で8才児の洞察眼に感服

最新ニュース

宮崎あおい&向井理、クリスマス・プレゼントの似顔絵で8才児の洞察眼に感服
  • 宮崎あおい&向井理、クリスマス・プレゼントの似顔絵で8才児の洞察眼に感服
ベストセラー作家・西加奈子の人気小説を原作に、宮﨑あおいと向井理が夫婦役で初共演を果たす映画『きいろいゾウ』。クリスマス・イヴの前日、街が年末独特の雰囲気に包まれる中、12月23日(日)、大阪ステーションシティシネマで本作の先行プレミア上映が行われ、主演の宮崎さんと向井さんに加え、サプライズ・ゲストとして劇中で宮崎さんの子供時代を演じた本田望結ちゃんがサンタクロース姿で登場した。

片田舎の町に移り住んできた、天真爛漫な妻・利愛子(通称・ツマ)と売れない小説家の無辜歩(通称・ムコ)夫婦の温かな日常、一通の手紙がきっかけで少しずつズレていく2人の想いを描いた本作。『余命1ヶ月の花嫁』や『軽蔑』など男女の様々な愛の形を描き続ける廣木隆一監督が、互いへの大きな愛情ゆえにすれ違う、夫婦の切ない想いを繊細な描写で映し出す。

大歓声に包まれながら登壇した2人。宮崎さんが「シュッとされていて、なんか隙がないイメージがあったのですが、お会いしてムコとツマとして時間を共有している間は、ムコさんになってぼーっとしているんです。だから隙のある人なんだなと思って面白かったです」と言えば、「このシュっとしているのは仕事用なんです(笑)」と返す向井さんのやりとりは劇中で演じた夫婦そのもの。

さらに、初共演となった宮崎さんの印象を聞かれた向井さんは、「面白い人ですよ。鼻歌唄ってるし、変な絵を描いているし、でも芯がとても強くて。お互い同じ空間にいるんですけど別々のことをしていて、お互いに自分たちのテリトリーを壊さない、いい距離感をずっと保っていたのでずっと同じテンションでいられて、とても居心地が良かったです」と撮影当時をふり返る。

劇中では、関西が舞台ということで、キャスト陣は大阪弁でのセリフ回しとなったが、向井さんが「ちょっと不安になることもあったんですけど…」と語ると、大阪の観客たちからは温かい拍手が沸き起り、地元の人々から直々に太鼓判を押されていた。

最後に、サンタの姿で登場した望結ちゃんから、それぞれに直筆の似顔絵をプレゼントされた2人は「私は目が離れていて、魚顔だって自称しているんですけど、ちゃんと目が離れているのですっごい嬉しいです!」(宮崎さん)、「すごいねぇ、ほんまに書いたんやねぇ。くせっ毛で髪がハネてるところとか良く見てるね。髪質がそっくり。ちゃんと手を前に組んでる。そんな恰好してるよねー(笑)」(向井さん)と、望結ちゃんの鋭い洞察眼に感服していた。

『きいろいゾウ』は2月2日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top