スピルバーグ監督、構想から12年「私の念願の作品」と語る 『リンカーン』予告編到着

最新ニュース

『リンカーン』(中央左:スティーヴン・スピルバーグ&中央右:ダニエル・デイ=ルイス)
  • 『リンカーン』(中央左:スティーヴン・スピルバーグ&中央右:ダニエル・デイ=ルイス)
  • 『リンカーン』 -(C) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『リンカーン』 -(C) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『リンカーン』 -(C) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『リンカーン』 -(C) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX
スティーヴン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎えて贈る感動巨編『リンカーン』。先日発表された第70回ゴールデン・グローブ賞にて最多7部門のノミネートを果たした本作の予告編がついに解禁となった。

南北戦争により国家が分断され、変革という強風が吹きすさぶ中、戦争を終結させることに努め、奴隷制を廃止するなど次々と革新的な政治手腕で国を統一した男、エイブラハム・リンカーン。彼がアメリカ合衆国の第16代大統領として生きた最後の混乱の数か月を描き出す。

すでに封切られている全米では、興行収入1億ドルを突破する大ヒットを記録し、公開直前にホワイトハウスで行われた試写会では見事再選を果たしたバラク・オバマ大統領も鑑賞したという本作。本国・アメリカを中心に大きな話題を呼んでいる。

今回届いた予告編では、なんと日本のファンのためにだけに収録されたスピルバーグ監督直々のメッセージが冒頭に収められている。構想・製作に12年と、膨大な時間をかけて生み出された本作を「私の念願の作品」と語っており、その思い入れは相当のようだ。
さらに、「これは、史上“最も愛されたリーダー”の知られざる物語です。リンカーンの人生には、いまの日本と世界中に人に知って欲しいメッセージが詰まっています」とのコメント。予告編の本編では、“生き写し”と称されるリンカーンに扮したダニエル・デイ=ルイスの名演はもちろん、ジョセフ・ゴードン=レヴィットやトミー・リー・ジョーンズの脇を固める豪華キャストたちの姿も!

南北戦争という激動の時代の中で国を想い、人を想い、自由のために戦った男・リンカーン物語の一端を、この予告編から感じてみて。

『リンカーン』は2013年4月19日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。

※こちらの予告編映像はcinemacafe.net記事ページより、ご覧いただけます。


© 2012 TWENTIETH CENTURY FOX
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top