長谷川博己、妄想シーンで腰を振る暴走に周りはドン引き!?

最新ニュース

『映画 鈴木先生』凱旋舞台挨拶(長谷川博己&河合勇人監督)
  • 『映画 鈴木先生』凱旋舞台挨拶(長谷川博己&河合勇人監督)
  • 『映画 鈴木先生』凱旋舞台挨拶(長谷川博己)
  • 『映画 鈴木先生』凱旋舞台挨拶(長谷川博己)
  • 『映画 鈴木先生』凱旋舞台挨拶(河合勇人監督)
先日公開を迎えた『映画 鈴木先生』の舞台挨拶が、主演の長谷川博己が子供の頃より足を運んでいたという東京・立川市の映画館・立川シネマシティで1月19日(土)に開催され、長谷川さんは映画への思いと共に同映画館への強い思い入れを語った。

長谷川さんは幼少時の記憶を辿り「もしかして初めての映画『レイダース』を3歳のときに観たのもここだったかも。中学受験で全部落ちて、落ち込んでいたときもここで『ダイハード』を観て、『明日からまた生きよう』と思いました」と人生の節目節目で同映画館に通っていたことを明かす。さらに、アルバイトの募集に応募したこともあったそうで「面接はしたんですが見事に落ちました。そこに主演映画で凱旋できて縁を感じます」と笑顔を見せた。

撮影中の苦労について長谷川さんは「生徒役の子たちは俳優としての後輩でもあったので、できるだけ手本となるように間違えるようなところを見せたくなかった。でもドラマの10話目くらいになると時間もないしセリフも多くて、生徒を前に演説するところでなかなかうまくいかなくて…。生徒たちから『先生、頑張って』という顔で見られるのはつらかったです」とふり返る。

教室のシーンが大変だった分、鈴木先生の妄想シーンは「開放できた」と憩いの時間のように感じていたそう。「妄想だから何でも好きなことができる! と思って(ドラマ)第4話の妄想でやり過ぎて腰を振ったらカットされました」と“反動”を告白。同席した守屋圭一郎プロデューサーは「周りはドン引きでした(笑)。現場が無理やり長谷川さんにやらせているようなイメージかもしれませんが、長谷川さんがやりたがるんです」と意外な長谷川さんの暴走ぶりを明かした。

プロデューサーも若いキャストを統率するのに苦労や心配が絶えなかったようで「地方の撮影で宿泊したときは、バカな男子が女子の部屋に行ったりしないか心配で、修学旅行の先生のように見回りをしてました」と現場も学校さながらの雰囲気だったよう。

長谷川さんは「あの生徒たちと修学旅行とか楽しそうですね。僕は6年間、男子校だったので…」と羨ましそうだった。

映画では2学期が始まり、生徒会選挙が実施されるが演説会の最中に立てこもり事件が発生。鈴木先生のクラスの生徒である小川蘇美が人質に取られる事態となる。

『映画 鈴木先生』は角川シネマ新宿、丸の内TOEI、渋谷TOEIほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top