西島秀俊、フランス人監督に一歩も引かず 「日本の男子はこうだ!」

最新ニュース

『メモリーズ・コーナー』初日舞台挨拶(左から、西島秀俊&オドレイ・フーシェ監督&阿部寛)
  • 『メモリーズ・コーナー』初日舞台挨拶(左から、西島秀俊&オドレイ・フーシェ監督&阿部寛)
  • 『メモリーズ・コーナー』初日舞台挨拶(左から、西島秀俊&オドレイ・フーシェ監督&阿部寛)
  • 『メモリーズ・コーナー』初日舞台挨拶(左から、西島秀俊&オドレイ・フーシェ監督&阿部寛)
  • 『メモリーズ・コーナー』初日舞台挨拶(左から、西島秀俊&オドレイ・フーシェ監督&阿部寛)
  • 『メモリーズ・コーナー』初日舞台挨拶(西島秀俊)
  • 『メモリーズ・コーナー』初日舞台挨拶(西島秀俊)
  • 『メモリーズ・コーナー』初日舞台挨拶(阿部寛)
  • 『メモリーズ・コーナー』初日舞台挨拶(阿部寛)
西島秀俊と阿部寛がフランス語と英語のセリフで出演し、話題を集めている『メモリーズ・コーナー』がついに封切られ、2月23日(土)、東京・新宿にて初日舞台挨拶を行った。西島さんと阿部さん、さらにこの日のために来日した本作の監督オドレイ・フーシェが満席となった客席の前に登壇した。

フランス人ジャーナリスト、アダ(デボラ・フランソワ)は、1995年に起きた阪神・淡路の震災を回顧する式典を取材するために神戸を訪れる。通訳の岡部(西島さん)を伴い、かつての被災者の家を訪ね歩くアダの前に、いまでも後遺症に苦しむ石田(阿部さん)が現れる…。

今作が初監督作となるフーシェ監督が、“孤独”をテーマに描いた本作。西島さん、阿部さんを始め、國村隼や倍賞美津子といった日本の実力派キャストが多数出演する異色の海外作品として注目を集め、この日は詰めかけた観客で会場は満席となった。

西島さんら3人が登壇するや、客席からは色男2人の揃い踏みに黄色い歓声が飛んだ。撮影は3年前に終え、海外ではすでに公開されていたが、今回やっと日本での公開となった本作。この2人を起用した理由を聞かれたフーシェ監督は、「阿部さんは是枝(裕和)監督の『歩いても 歩いても』で演じていた役が印象的で、今回の役にぴったりだと思いました」、「西島さんは、北野(武)監督の『Dolls』('02)で拝見していて、黒沢清監督からススメられました」と意外な巨匠からの推薦があったことを明かす。

西島さんはフランス語、阿部さんは英語のセリフでの出演とあって、それぞれの先生について語学も勉強したと言うが…「阿部さんの先生がすごくスパルタで、ずっとやってましたもんね。たぶん、阿部さんのことが好きだったんだと思います(笑)」と西島さんが語れば、「ホントに厳しい方で、撮影前に1か月、撮影中も毎日3時間くらい受験生みたいにやってました…」と阿部さんも苦笑いで明かし会場を沸かせた。

さらに阿部さんには、こんな思い出話も。「フランス人って挨拶でキスをするんですね。それで日本人の助監督にも同じようにキスをしたら、見る見るうちに真っ赤になって憔悴していったらしく、“日本人には絶対キスをしてはいけない”っていう伝令が流れてたようで、僕にはまったくしてくれませんでしたね。でも、撮影の最終日に、『僕にもしてください』とお願いして、キスしてもらいました」とニンマリ。すると、フーシェ監督が「阿部さんのキスは、スペシャリストのようだったわ(笑)」と明かし、阿部さんは照れっぱなしだった。

しかし、一方の西島さんに関しては、フーシェ監督はカルチャー・ショックを受けたのだとか。西島さん曰く、演じた岡部のキャラクターが「女性に対して『意地悪すぎる…』、『態度が悪すぎる』と何度となく、監督にも(主演の)デボラさんにも言われましたね…」と寂しそうに語るが、それでも「日本の男はこうだ!」という思いで貫き通したのだとか。

最後に、それぞれが本作に本作に込めた思いを語った。「僕は出演者なんですけど、観客としてこの映画を観たときに、震えるものがあったんですね。もし、みなさんもこの作品を観て、何か感じるものがあったなら、ぜひ誰かと共有していただければ幸せです」(西島さん)、「国境を越えて、この作品の中でいろんな人の思いが込められていて、そういうものって万国共通で伝わるものがあるんだなということを知って、感動しました」(阿部さん)、「日本で起きた災害で傷ついた方々の少しでも希望になればと願っています」(フーシェ監督)と3人からのコメントに、会場は温かい拍手で包まれた。

『メモリーズ・コーナー』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top