スティーヴン・スピルバーグ、第66回カンヌ国際映画祭の審査員長に就任決定

最新ニュース

スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ
  • スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ
スティーヴン・スピルバーグが今年の第66回カンヌ国際映画祭の審査員長に抜擢された。

スピルバーグ監督以前にはこれまでも、ティム・バートン、デヴィッド・リンチ、マーティン・スコセッシ、イングリッド・バーグマン、クリント・イーストウッド、カーク・ダグラスら映画界の重鎮たちが審査員長を務めてきた。

1974年公開の『続・激突! カージャック』で同映画祭の脚本賞を受賞した経験もあるスピルバーグは先月28日(現地時間)に「初めてカンヌ国際映画祭に出席したときの思い出は『E.T』が公開されたときのことで、もう31年も前のことですが、いまでも鮮明に覚えています」「60年以上に渡って、カンヌ映画祭は卓越した作品を発掘し、それらを初めて世界へ紹介するためのプラットフォームとしての役割を果たしてきました。映画こそ世界共通言語なのだと長年に渡って証明し続けているこの映画祭で審査員長を務めることができて、非常に光栄に思っています」と声明を発表した。

一方、同映画祭のジル・ジャコブ会長も「スティーヴン・スピルバーグはカンヌの常連ですよ。『続・激突! カージャック』や『カラー・パープル』などの作品が評価されてきましたが、1982年のワールドプレミアで彼が上映したのは『E.T』で、いまでも忘れられない作品ですね」「それ以降、私はスティーヴンに審査員長を依頼してきましたが、いつも彼は撮影で忙しかったんです。なので今年になってスティーヴンが私にあの有名なセリフ『E.T、ウチ、デンワ』と言ってきたときには、私はすぐさま理解し、間髪を容れずに『ついに!』と答えたんです」と今回の経緯を語っている。

そんな今年の第66回カンヌ国際映画祭は、現地時間5月16日から23日まで開催される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top