公開直後の『オズ はじまりの戦い』、早くもディズニーが続編を計画中!

最新ニュース

『オズ はじまりの戦い』 -(C) 2012 Disney Enterprises, Inc.All rights reserved.
  • 『オズ はじまりの戦い』 -(C) 2012 Disney Enterprises, Inc.All rights reserved.
  • 『オズ はじまりの戦い』ジャパン・プレミア(レイチェル・ワイズ&ジェームズ・フランコ)
  • 『オズ はじまりの戦い』オスカー(ジェームズ・フランコ) -(C) 2012 Disney Enterprises, Inc.All rights reserved.
  • 『オズ はじまりの戦い』ワールド・プレミア(ジェームズ・フランコ)
  • 『オズ はじまりの戦い』ワールド・プレミア(サム・ライミ監督)
  • 『オズ はじまりの戦い』UKプレミアに出席したミシェル・ウィリアムズ -(C) Getty Images
  • 『オズ はじまりの戦い』読書感想文コンクール表彰式(剛力彩芽)
  • 『オズ はじまりの戦い』読書感想文コンクール表彰式(剛力彩芽)
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが、先日公開を迎えたばかりの『オズ はじまりの戦い』の続編を計画しているようだ。今月8日(金)に日本でも公開されたばかりのサム・ライミ監督が手がけた同作には、ジェームズ・フランコ、ミラ・クニス、ミシェル・ウィリアムズ、レイチェル・ワイズら豪華キャストが集結しているが、今回「Variety」誌はディズニーが早くも続編製作に取り掛かっていると報じている。

1939年に公開されたオリジナル映画『オズの魔法使』の前日譚が描かれた『オズ はじまりの戦い』だが、続編に関しての詳細は一切が明らかにされていないものの、脚本担当のミッチェル・カプナーはライマン・フランク・ボームの原作小説「オズの魔法使い」に基づいた作品を構想している模様だ。しかし、ワーナー・ブラザースが1939年のオリジナル版の著作権を保有しているため、ミッチェルは続編のストーリーに主人公・ドロシーの赤いルビーの靴などアイコニックな要素を盛り込むことができないという。

早くも続編企画が飛び出した同作だが、メガホンを取ったライミ監督は同作の脚本を受け取った当初、あまりに有名で世代を超えて愛されているオリジナルの前日譚だけに、ファンたちがどう反応するかと怖気づいたものの、結局は製作に取り掛かる決心をしたと明かしている。

「とっても怖かったよ。この企画に乗り出すのに怖気づいたのさ(笑)。だってオリジナルの『オズの魔法使』はとても愛されている作品だし、みんなこの古典的名作を台無しにして欲しくはないだろうからね。みんな子ども時代の美しい思い出を汚して欲しくないよね。だから、最初はこの脚本を遠ざけていたのさ。でも、後に別のプロジェクトで脚本家を見つける段階になったら、オズの脚本が僕のデスクにあるのに気づいて『そうだ、これ読んでみよう!』って読んでみたんだ。読んだらすっかりこのストーリーに惚れ込んでしまったってわけさ」と語るが、果たして、次はどんな作品になるのだろうか?
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top