ジェニファー・ラブ・ヒューイット、豊満な美乳に巨額の保険をかける!?

最新ニュース

ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images
  • ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images
  • ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images
  • ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images
  • ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images
  • ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images
  • ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images
  • ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images
  • ジェニファー・ラブ・ヒューイット -(C) Getty Images
ジェニファー・ラブ・ヒューイットが豊満な自身の美乳に巨額の保険をかけようとしているようだ。アメリカのブラジャーサイズで36C(約96~98センチメートル)だという豊乳の持ち主であるジェニファーは、自身の財産とも言えるその胸をどんな危害からも守りたいと考えているようで、両胸で総額500万ドル(約4億8,000万円)相当くらいの価値はあるだろうと豪語している。

33歳のジェニファーは「USAトゥデイ」紙に「保険の勧誘みたいのが今必要なの。もし保険の勧誘員が『ねえ、きみきみ。うちの会社が君の胸に250万ドル(約2億4,000万円)で保険をかけたいと思ってるんだけど』って言ってきたら、『ぜひ! ナイス、アイディア! ぜひお願いするわ。だってほら、私のこのおっぱいは正確には500万ドル(約4億8,000万円)の価値はあるものね』って答えるわ」と語った。

そんなジェニファーは、映画やTVでほとんど服を身に着けないセクシーな役柄が多いことから、家族はそれに慣れっこになってしまっているようで、祖母は自身のことを「TV界の売春婦」とまで呼んでいると明かしていた。「私のおばあちゃんは私のことをTV界の売春婦なんて呼ぶのよ。私のことをヒスかなんかだと思ってるようね…でも生活のためには批判も受け入れるようにしてるの。ただそういうのが私の仕事だなんて思ったことは一度もないわ。だから楽しんでるの。確かに大変な仕事よ。でも誰かがこういうことをしなきゃいけないの。その役が私でうれしいわ!」

そんなジェニファーは現在、風俗嬢を演じているドラマ「ザ・クライアント・リスト」で共演しているブライアン・ハリセイと交際中で、プライベートではメディアの印象とは違っておとなしく、比較的ジミな格好をするようにしているとも語っている。「プライベートでの生活では、いつも下着はつけてるから、下着のことはそれほど気にしないようにしてるの。だって、いつも家に帰った途端、別のかわいいブラやパンティーのことばかり考えていたくないでしょ。そういうのはなし! 着易いTシャツやタンクトップに、ゆるいスウェットパンツをはいてるような子なの」。

そんな美乳の持ち主であるにも関わらず、ジェニファーは以前、18歳の思春期の頃には自分のルックスとボディーに自信を持っていなかったと明かしている。「セックスですって? 当時は全然セクシーじゃなかったの。官能的な感じは押さえ気味だったわ」。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top