“北欧の至宝”マッツ・ミケルセンの魅力とは? 主演映画2本が連続公開

最新ニュース

(左)『偽りなき者』-(C) The British Film Institute 2013/(右)『ロイヤルアフェア』-(C) 2012ZentropaEntertainments28ApS,Zentropa International Sweden and Sirena Film Prague
  • (左)『偽りなき者』-(C) The British Film Institute 2013/(右)『ロイヤルアフェア』-(C) 2012ZentropaEntertainments28ApS,Zentropa International Sweden and Sirena Film Prague
  • 『偽りなき者』 -(C) 2012 Zentropa Entertainments19 ApS and Zentropa International Sweden.
  • 『偽りなき者』 -(c) 2012 Zentropa Entertainments19 ApS and Zentropa International Sweden.
  • 『ロイヤルアフェア』-(C) 2012ZentropaEntertainments28ApS,Zentropa International Sweden and Sirena Film Prague
  • 『ロイヤルアフェア』-(C) 2012ZentropaEntertainments28ApS,Zentropa International Sweden and Sirena Film Prague
  • 『ロイヤルアフェア』-(C) 2012ZentropaEntertainments28ApS,Zentropa International Sweden and Sirena Film Prague
『007 カジノ・ロワイヤル』で悪役ル・シッフルを演じ、国際的スターの仲間入りを果たしたデンマーク出身の俳優マッツ・ミケルセン。“北欧の至宝”とまで謳われるマッツが主演し、昨年、数々の国際映画祭で高い評価を受けた2本の作品が、Bunkamuraル・シネマで3月16日(土)から連続公開されることが決定した。

上映されるのは、カンヌ国際映画祭で「主演男優賞」ほか3冠に輝いた『偽りなき者』と、ベルリン国際映画祭で「銀熊賞」(脚本賞・男優賞)をW受賞し、アカデミー賞外国語映画賞、ゴールデングローブ賞外国語映画部門にもノミネートされた『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』

『偽りなき者』では、変質者の烙印を押されながらも無実の主張を貫き、誇り高くあろうとする主人公を熱演。一方、18世紀後半にデンマークの宮廷で起きた実話を基にした『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』で演じたのは、王と王妃を交えての三角関係に陥る野心家の侍医。時代も役柄もまったく異なったマッツの演技力が光る2作品だ。

連続公開を決めたBunkamura ル・シネマの番組編成プロデューサー・中村由紀子氏は、「せっかくなら現代ものとコスチュームもの、2人のマッツをご堪能いただければと思い公開に至りました」と話す。

10年以上前から注目していた中村さん曰く、「メインストリームに居ながら力みを感じさせないところが彼の魅力」。劇場アンケートでも、予告編を観た観客から『偽りなき者』が“観たい”という声が上がっているといい、人気が高まりつつあることが覗える。世界を始め、日本でも注目が集まりつつある名優マッツ・ミケルセンの魅力を存分に堪能してほしい。

『偽りなき者』は3月16日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開。

『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』は4月下旬よりBunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top