旅先でのトラブル、あなたはどう対処する? 「空港での待ち時間」に悩ませる人多数

最新ニュース

旅先でのトラブル、あなたはどう対処する? 「空港での待ち時間」に悩ませる人多数
  • 旅先でのトラブル、あなたはどう対処する? 「空港での待ち時間」に悩ませる人多数
  • 【グラフ】旅先もしくは出張先で困った出来事
  • 【グラフ】旅先もしくは出張先でのトラブル対処法
株式会社JALカードと三菱UFJから新たに発行される「JALアメリカン・エキスプレス・カード」。これを記念して、2013年3月4日(月)~3月5日(火)の2日間、20歳~49歳の毎年旅行もしくは出張に行く男性に対して「旅行や出張」についてのアンケートが実施された。

アンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施され、300人の回答が得られた本アンケート。主な質問内容は「国内旅行に行く相手」「海外旅行に行く相手」「国内旅行もしくは国内出張に行く前に心配や不安に思うこと」「海外旅行もしくは海外出張に行く前に心配や不安に思うこと」「旅先もしくは出張先で困った出来事」「旅先もしくは出張先でのトラブル対処法」について。

結果はというと、「国内」「海外」どちらも旅行の際に行く相手は「妻」という回答がダントツ1位。しかし「国内」は続く2位が「一人」であったのに対し、「海外」では「友達」がランクイン。パスポートもいらず、思い立ったときに行ける気軽さのある国内旅行は一人旅が好まれるようだ。そして「国内旅行もしくは国内出張に行く前に心配や不安に思うこと」質問に対し、1位の回答となったのは「天気」(69%)。それに、「宿が快適かどうか」と回答した人が45.1%、「急な病気やけが」と回答した人が30%と続く結果となった。一方の「海外」の場合となると、やはり「言葉の違い」が一番に挙げられた。その次にランクインしたのが「盗難」。治安状況は日本とは異なる海外において、盗難にあった際も、どこで何の届けを出せば良いのか、交番での言葉は通じるのかなど、盗難以外の不安点も浮かんできそうだ。

それでは「旅先もしくは出張先で困った出来事」は? こちらも言語の違いが1位になるかと思いきや、「空港での待ち時間が長すぎた」と回答した人が20%と最も多く、「持ち物をなくした」、「言葉が通じなかった」、「旅先もしくは出張先で病気になった」が続いた。何が起こるか分からないのが旅行の面白さでもあり、怖さでもある。それがトラブルであった場合、どのように対処しているのだろう? 群を抜いて1位の回答となったのが「特に対処しなかった」というもの。起きてしまってどうにもならなかったことも多くあるのかもしないが、対処をした方の中では「宿の人に相談した」と宿泊先で身近にいる人を頼る場合や、「日本の旅行代理店に連絡した」という回答が得られた。

調査結果を見ると、旅先や出張先でのトラブルを抱えるケースは少なくないようだ。しかし、その対処をしない人も多い。これは慣れない土地では、誰を頼っていいのか分からないため無理もないことだろう。「空港での待ち時間が長すぎた」「持ち物をなくした」「言葉が通じなかった」「旅先もしくは出張先で病気になった」という回答が目立つが、これを解決してくれるのがJALの「プラチナ・コンシェルジュサービス」。国内・海外でのレストラン予約や、海外のミュージカル等のチケット手配、緊急時の支援、さらに、海外でのトラブルや病気など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から24時間、無料通話またはコレクトコールで利用できるというのだからこんなに嬉しいことはない。さらにJALカードを持っていれば、空港ラウンジを同伴者1名と共に使用することもできるので空港で暇をもてあますこともないというわけだ。

不安を抱えたままではなく、JALカードを持ち大船に乗った気持ちで心の底から旅を楽しむのがスマートな解決策かもしれない。

キャンペーンURL:https://www.jalcard.co.jp/cgi-bin/cardlist/af.cgi?f=amex1212&root=BYONEPR
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top