女子の共感度高し!"平成の男子復権論"を綴ったフォトエッセイ「どっこい男は生きている」5名様にプレゼント

プレゼント

女子の共感度高し!
  • 女子の共感度高し!
〆切り:4月1日(月)


演出家、映像作家、写真家、文筆家、クリエイティブディレクターと、何足ものわらじを履きこなし、さまざまな表現活動を通して活躍する酒井靖之氏が、経営者ブログランキング1位を獲得した実績を持つ自身のブログを書籍化。言葉と世界各国のフォトジェニックな写真で表現したフォトエッセイ「どっこい男は生きている」が昨年12月7日(金)に発売された。

発売当初、関係者の間では酒井氏の視点で展開される「平成男子復権」論として、男性読者向けに受け入れられるのではないかと想定されていた本書は、その予想に反して、六本木のTSUTAYAほか、多くの書店で購入者の6~7割が女性という現象が起きているという。「どっこい男は生きている」のタイトルからすると男性向けの本? と思ってしまいそうだが、草食系男子に食傷気味な女性を始め、従来であれば女性が男性に対して抱いていた人生観が、現代の女性にも大いに共感が得られ、女性の購買へ繋がったのではないかという見方もある。

「世の男性が、もっともっと元気に輝いてくれないと、私たち女子はこれ以上キレイになれないのよ」、「冗談じゃねえ 男はまだ死んでいない!!」そんなセリフが踊る表紙を開けば、「どの仕事も、必要なのは要領のよさではなく、『人間力』だと思う」といった一文から始まる仕事論や、世の中を力強く生き抜くための筆者からのエールが心に響く。

幾度もの挫折を乗り越えてきた筆者自身の体験を通し、男の生き様を余すところなく言葉と写真で表現している本書。もはや男女の垣根を飛び越え、多くのビジネスパーソンから共感を呼んでいる。まだ手にしていない方のために、フォトエッセイ「どっこい男は生きている」を5名様にプレゼント!

「どっこい男は生きている」
出版社:粋人舎
価格:1,260円(税込)

※こちらの応募受付は終了致しました。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top