クリスチャン・ベイル、リドリー・スコット監督最新作『エクソダス』でモーセ役に!?

最新ニュース

クリスチャン・ベイル
  • クリスチャン・ベイル
  • クリスチャン・ベイル -(C) Getty Images
クリスチャン・ベイルが、リドリー・スコット監督最新作『エクソダス』(原題)で旧約聖書のモーセ役の候補に挙げられているようだ。製作元のFoxはすでに本作のプロダクションを開始する決定を下している段階だという。

『ペントハウス』のアダム・クーパーとビル・コラージュが本作の初稿を手掛けており、『アメリカン・ギャングスター』のスティーヴン・ザイリアンが改稿するための契約を結んだところだ。現在、キャメロン・ディアス出演作『The Counselor』(原題)の撮影中だというリドリーは撮影が終わり次第、本作の製作に取り掛かる予定だと報じられている。

昨年リドリーは『エクソダス』について「モーセについて僕が興味を引かれるのは、みんなが知ってるような偉業なんかじゃないんだ。モーセと(古代エジプトのファラオ)ラムセス2世との関係なんかが面白いんだよ」「僕が学校でモーセの話を教わったときには、正直なところ注意も払わなかったよ。でもモーセのいくつかの詳しい人生の中の話は本当にすごいんだよ」と話している。

そんなモーセ役として白羽の矢が立っているクリスチャンは最近も、エベレスト登頂をかけた登山隊の惨事を描いた新作『Everest』(原題)への出演決定も近いと報じられている。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top