『キング・オブ・マンハッタン』リチャード・ギアの解説付きインタビュー映像が到着!

最新ニュース

『キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- 』 -(C) 2012 ARBITRAGE LLC
  • 『キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- 』 -(C) 2012 ARBITRAGE LLC
  • 『キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- 』 -(C) 2012 ARBITRAGE LLC
  • 『キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- 』 -(C) 2012 ARBITRAGE LLC
  • 『キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- 』 -(C) 2012 ARBITRAGE LLC
  • 『キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け- 』 -(C) 2012 ARBITRAGE LLC
キャリア最高と賞賛される、リチャード・ギア主演最新作『キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け-』が今週末ついに公開となる。このたび、本作で主演を務めたリチャードのインタビュー映像がシネマカフェに到着した。

舞台はN.Y.マンハッタン、マネービジネスの成功者として全米から注目を浴びるロバート・ミラーだが、ロシアへの投資で巨額損失を生む。監査から隠蔽するため緊急に調達した4億ドルは、早くも返済期日を過ぎた。友人・ジェフリーからの最後通告は、金曜日までの全額返済。ロバートは窮地に陥いる。猶予の5日間で会社売却による起死回生を計るが、運命の事故は運転中に起きた。同乗していた愛人・ジュリーは即死。そして爆発炎上する車の背後には、通報せずに現場を立ち去るロバートの姿があった…。

リチャード演じるロバートの妻・エレンにオスカー女優スーザン・サランドン、ロバートに疑いの目を向け執拗に追うN.Y.市警の刑事・ブライヤーにティム・ロスといずれもハリウッドきっての実力派が競演した本作。「何が許されて何が許されないのか、ビジネスの観点からだけではなく“人間として”…この映画はこの質問をとても賢くドラマチックな演出で観客に語りかけるんだ」とリチャードは本作の魅力を解説する。そして実際に起こったこと、実在の人物や場所をモデルにしている作品であると明かしてくれた。

そして「ロバート・ミラーはひと言で言えば、成り上がりだよ」と自らの役柄について分析する。「人に支持され権力を持つ男だ。ミラーには巧妙に人を操り従わせる能力があるんだ。本当の成功者だよ」とロバートという人物が生まれながらに持つさまざまな要素にリチャードもすっかり魅了されているようだ。

本作でロバートを追う刑事・ブライヤーを演じたティムが「ギアとセリフをやり取りするのはおもしろかった」と語る緊迫の尋問シーンも今回の特別映像には収められている。損失と隠蔽、過失とアリバイ工作、黙秘と誤算、不倫と家族崩壊…。ギアが「この賭けのためにルールを破るんだ」と語る危険な賭けの正体とは?

まずはこちらの映像から、リチャードによる解説と共に美しいニューヨークの街並みを背景に展開する都会派マネー・サスペンスをご堪能あれ。

『キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け-』は3月23日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。


(C) 2012 ARBITRAGE LLC
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top