シネマカフェ的海外ドラマvol.276“女子のための「ウォーキング・デッド」講座”第3回

最新ニュース

シネマカフェ的海外ドラマvol.276“女子のための「ウォーキング・デッド」講座”第3回
  • シネマカフェ的海外ドラマvol.276“女子のための「ウォーキング・デッド」講座”第3回
  • シネマカフェ的海外ドラマvol.276“女子のための「ウォーキング・デッド」講座”第3回
  • 「ウォーキング・デッド」 -(C) AMC Film Holdings LLC.2011.All Rights Reserved.
  • 「ウォーキング・デッド」 -(C) AMC Film Holdings LLC.2011.All Rights Reserved.
  • 「ウォーキング・デッド」 -(C) AMC Film Holdings LLC.2011.All Rights Reserved.
  • 「ウォーキング・デッド」 -(C) AMC Film Holdings LLC.2011.All Rights Reserved.
  • 「ウォーキング・デッド」 -(C) AMC Film Holdings LLC.2011.All Rights Reserved.
  • 「ウォーキング・デッド」 -(C) AMC Film Holdings LLC.2011.All Rights Reserved.
ゾンビまみれの終末世界を舞台に、生存者たちのサバイバルが展開する「ウォーキング・デッド」。今月は“女子のための「ウォーキング・デッド」講座”と題し、女子にこそ響くドラマの魅力を徹底検証。人気No.1キャラクター、ダリル・ディクソンを演じるノーマン・リーダスの解説つきでお届けします。

「ウォーキング・デッド」内のラブストーリー事情に迫った第2回に続き、第3回はドラマの中で描かれる家族の物語に注目。親子で生き延びている者、兄弟で生き延びている者、姉妹で生き延びている者と、「ウォーキング・デッド」には様々な家族が登場します。

中でも気になるのは、ノーマン演じるダリル・ディクソンとその兄メルル・ディクソンの関係。シーズン1当初、兄弟で終末世界を生きていたメルル&ダリルは、ほかの生存者たちとグループを結成。しかし、粗野で差別的なディクソン兄弟は、仲間たちの眉をひそめさせる存在でもありました。その後、乱暴が過ぎたメルルは仲間たちと決別することになるばかりか、自らの命を危険にさらす事態に。肉親であるダリルとも離れ離れになってしまいました。一方、生死不明の兄と別れて仲間たちと行動を共にし続けることになったダリルは、粗野で差別的だったキャラクターから、仲間たちの信頼もあつく頼もしいキャラクターへと成長。その変化について、ノーマンはこう語ります。「最初の頃のダリルは『ファック・ユー!』を連発するような奴だった。そんな彼が、兄のメルルと離れたことで良い人間へと変化を遂げていく。それは、彼が人格形成において兄から悪い影響を受けていたからだろうね。しかも、ダリルは兄から悪い影響を受けてしまった自分を恥じている。メルルの呪縛から逃れたことで、彼は生まれ変わることができたんだ」。

とは言え、視聴者の間でも大きな注目を集めたダリルの変化は、シリーズ開始当初から想定されていた展開ではなかったとか。「“ドラッグをキメるダリル”なんて描写も、脚本にはふんだんに盛り込まれていたしね」とふり返るノーマンが、秘話を明かしてくれました。「ダリルを単なる最低な男として演じるのは簡単だった。でも、それは違うと思ったんだ。ダリルにとって、粗暴な兄の存在はあまりにも大きいものだからね。『ウォーキング・デッド』の脚本家チームが素晴らしいのは、役者の考えに耳を傾けてくれるところ。役に説得力を持たせることさえできれば、思い描く方向に向かせてくれるんだ。メルルと別れて怒り狂い、悪態をつきながらも、ダリルが密かに涙を見せるのは自分のアイディア。彼はたしかに最低な奴だけれど、人間味を持ち合わせている面もあると思って提案したんだ」。

息子が父親の背中を見て育つように、兄の生き方も弟に影響を与えるもの。粗暴な兄と同じように生きるか、兄を反面教師とするか…。ノーマンがダリルに託した変化を見ているだけで、肉親というものについて考えさせられます。そんなノーマン自身も、家族から大きな影響を受けているそう。「父親から受けた影響が大きいかな。随分前に亡くなってしまったけど、素晴らしい人だったよ。母親はもちろん、祖母をはじめとする親類も良い影響を与えてくれる存在。逆に、俺は周りに悪い影響を与えているかもね(笑)」。

ところで、日本でも大人気の『処刑人』シリーズでも、“弟”を好演していたノーマン。素顔の彼も、どちらかと言えば兄キャラというより弟キャラ? と思わされる一幕がありました。それは、ノーマンに先駆け、一昨年末に来日したローリ役、サラ・ウェイン・キャリーズの話題に触れたときのこと。本編のオンエアに合わせて放送された来日インタビューの中で、「ゾンビの世界を生き残れなさそうな出演者は誰?」との質問に対し、サラは、「ノーマンね!」と断言していました。そのことについて、ノーマン本人の意見を聞いてみると、「サラなんて大嫌い…」と呟いて首を振ることしばし。「サラは本当に嫌な奴なんだ…」と冗談めかしてうなだれていました。その姿はまるで、しっかり者のお姉さんにいじられる弟のよう!? 実際のノーマンは、サラより8歳も年上なのですが…。しかも、ならばゾンビの世界を生き延びる自信はあるのかというと、「絶対に無理だね! まずは高級ホテルの最上階へ行き、スイートルームに逃げ込むよ。そして、ドアにきちんと鍵をかけ、大好きな『サウスパーク』を観ながらやり過ごすのさ」とのこと。要するに、サラの意見は正しいようで、ダリルとのギャップが何だか可愛らしいです。

次回は、ゾンビまみれの世界にこんなにも素敵な男性がいたら頑張って生きたくなるのは当然! ノーマン・リーダス自身を徹底フィーチャーします。

「ウォーキング・デッド」
シーズン3 前半(第1話~第8話)
FOXチャンネルにて2月26日(火)23:55放送スタート
月曜~金曜23:55~24:55ほか

シーズン3 後半(第9話より)
FOXチャンネルにて日本最速放送 3月23日(土)24:00スタート
毎週土曜24:00~25:00ほか

「ウォーキング・デッド」シーズン1&2はDVD&Blu-ray BOXにて発売/レンタル中。
発売・販売元:角川書店
(C) AMC Film Holdings LLC.2011.All Rights Reserved.
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top