【沖縄国際映画祭】北乃きい、上京当時の驚愕エピソードを披露「洗濯機が恐かった」

最新ニュース

北乃きい&谷花音&森岡利行監督/『上京ものがたり』@沖縄国際映画祭
  • 北乃きい&谷花音&森岡利行監督/『上京ものがたり』@沖縄国際映画祭
  • 谷花音/『上京ものがたり』@沖縄国際映画祭
  • 森岡利行監督/『上京ものがたり』@沖縄国際映画祭
  • 北乃きい&谷花音/『上京ものがたり』@沖縄国際映画祭
  • 谷花音/『上京ものがたり』@沖縄国際映画祭
  • 北乃きい&谷花音/『上京ものがたり』@沖縄国際映画祭
  • 谷花音/『上京ものがたり』@沖縄国際映画祭
  • 北乃きい/『上京ものがたり』@沖縄国際映画祭
先日より開催中の第5回「沖縄国際映画祭」にて、3月25日(月)、Peace部門に出品された映画『上京ものがたり』の舞台挨拶に主演の北乃きいと子役の谷花音、そして森岡利行監督が登壇。北乃さんは、自身の上京した頃の思い出を語り会場を沸かした。

物語は、「パーマネント野ばら」や「女の子ものがたり」などで知られる人気漫画家・西原理恵子の自伝的コミックを映画化した本作。美大に通うため、田舎から上京した菜都美(北乃さん)は、ついに憧れの東京暮らしだったが、極貧のため日陰生活だった。ある日、良介と出会い一緒に暮らし始める。良介は優しかったが、定職にも就かずいつもゴロゴロしするばかり。生活は苦しくなり、菜都美は慣れない水商売を始めることになるが…。
この日、登壇した北乃さんは黄色のワンピース、花音ちゃんはピンクのワンピースで姉妹のような2人に会場は「可愛い~」とため息交じりの声援に沸いた。「沖縄にはグラビアのお仕事で数えられないほど」来ているそうだが、今回初めて「沖縄国際映画祭」への参加となり「こうやって初めての上映がここでみなさんに観て頂けて嬉しい」と笑顔を見せた。

本作は、上京したばかりのリアルな女子の日常を描いた物語とあって、北乃さんは13歳の頃に上京してきた自身のエピソードを明かしてくれた。「とにかく電車の線も、人も多くてびっくりしました」と微笑ましい時代を語る。さらに、「うちの実家は洗濯板で洗濯していたのですが、上京したばかりのときにマンションに洗濯機がついていたんですが、使い方が分からなくて、何だか怖くて半年くらいほっといてました」と仰天エピソードを披露し会場を驚かせた。

花音ちゃんは、撮影現場では「きいちゃんとお絵かきしてました。猫とかカメラマンさんとか」と天使のような笑顔で語ると、会場は男女共にメロメロ。しかし、演技の上で難しかったところは? とMCから質問されると「最初はあんまり喋らない子の役だったので、表情がすごく難しかったです」と語り、女優魂を見説替えた。

最後に北乃さんは、「いろんなことを我慢したり、頑張り過ぎている人のことがすっと軽くなる映画です。肩の力を抜いて、まったり観て下さい」と本作に込めたメッセージを明かし、北乃さんと花音ちゃんのほんわかした雰囲気に包まれたまま幕を閉じた。

「第5回沖縄国際映画祭」は3月30日(土)まで開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top