長澤まさみ&内村光良インタビュー 思わず“ダメ男”に惚れるワケ

最新ニュース

長澤まさみ&内村光良(ウッチャンナンチャン)/『ボクたちの交換日記』
  • 長澤まさみ&内村光良(ウッチャンナンチャン)/『ボクたちの交換日記』
  • 長澤まさみ&内村光良(ウッチャンナンチャン)/『ボクたちの交換日記』
  • 長澤まさみ/『ボクたちの交換日記』
  • 内村光良(ウッチャンナンチャン)/『ボクたちの交換日記』
  • 長澤まさみ/『ボクたちの交換日記』
  • 内村光良(ウッチャンナンチャン)/『ボクたちの交換日記』
『モテキ』で恐ろしいほどの小悪魔ぶりを演じたかと思えば、先日公開された『ボクたちの交換日記』では驚くほど一途な女性を演じて見せる女優。そして、7年ぶりにメガホンを取ったお笑い芸人。なんとも不思議な組み合わせだが、互いに「夢が叶いました!」と口を揃えてインタビューに答える。人気女優・長澤まさみと「ウッチャンナンチャン」の内村光良。交わることのなさそうな2人が、伊藤淳史と小出恵介がW主演を務めた『ボクたちの交換日記』で出会い、どんな想いで作品を作り上げていったのか、公開を前にたっぷりと語ってもらった。

物語は、結成12年目にしていまだ鳴かず飛ばずのお笑い芸人「房総スイマーズ」の甲本(小出さん)と田中(伊藤さん)が「交換日記」を する事によって本音をぶつけ合い、2人が“夢”を追いかける姿を描いたもの。

メガホンを握るのは、前作『ピーナッツ』から7年ぶりとなる内村監督。久々の監督作品となるが、本作の撮影を前に気負いやプレッシャーはさぞかし大きかったことだろうと思いきや、「割と自然に初日の1カット目からすんなりできたかなーと思いますね。そんなに気構えなくできましたね。迷いなく」と飄々した口調で答える監督。

長澤さんは、本作で小出さん演じる売れない芸人・甲本の彼女であり、後によき妻となる久美を好演したが、前述の内村監督の言葉に頷きながら、続けて撮影当時をふり返る。
「すごく丁寧にお芝居を付けていただいて、動きとかも全部決まっていたので、すごく演じやすかったです。分かりやすかったし、何をすればいいかをちゃんと教えてもらえるので、久美というキャラクターを掴みやすかったです。あとは、やっぱり“笑い”の部分での演出が、普通の監督さんにはない感覚というか。やっぱりセンスですかね。監督のセンスはすごいなぁって(笑)」。

そんな長澤さんからの称賛にニヤニヤが止まらない内村監督。かねてより「僕自身、まさみちゃんのファンで」と公言していたが、今回のキャスティングはまさにその夢が叶ったという。
「正直、願望はありました。(キャスティングの話し合いの際に久美役は)『長澤さんがいい!』ってなりました。受けてもらえたらいいなあってとこで、一応バカなフリして聞いてみようってなって。そしたら、運よくスケジュールが合ってホントによかった!」。

この言葉に、今度は長澤さんがニヤニヤ。それもそのはず、「子どもの頃からウッチャンナンチャンが好きでした。監督の番組は全部好きで、さっきも話してたんですよね?」と横を見やる長澤さん。「かなりコアな番組から見ててくれたみたいで、『特ホウ王国』とか『炎のチャレンジャー』とか(笑)」と互いにファン宣言をし合い、照れ笑いを浮かべる。

この何とも言えないナチュラルな空気感は、そのまま劇中にも流れている。甲本と同棲生活を送る久美を演じる長澤さんの表情は、ふと演技であることを忘れさせるほどだ。中でも劇中、甲本がある決断を下すのだが、そのシーンの長澤さんの演技は見事のひと言に尽きる。「あれは、まさみちゃんだからこその凄味です。男にとってあの言葉は“究極の救い”ですね」と、自身のキャスティングに大満足の内村監督。

芸人・甲本にとって…いや、世に生きる男子たちにとって、完璧な理想の女性を演じた長澤さん。一方で、小出さんが演じた甲本は、30歳を目前にしてもいまだ年収約90万円。なのにバイトもせず、コンパに参上しては後輩たちにおごり、借金を膨らませていくというダメダメ男子。女優である前に、女子として長澤さんはこの男をどんな風に見ていたのだろうか?

「まず仕事に行こうよ! って(笑)。でも、だらしないんだけど、そんな所が『もう!』って母性本能をくすぐられる人なんだと思います。はしたないとか、だらしないっていうよりも『もう!』っていう感じでした(笑)。そこは、きっと女子にしかない感情ですよね」(長澤さん)。

そんなダメ男・甲本に甲斐甲斐しく世話を焼き、見放さずに愛し続ける久美を、まさに「女神のよう。(僕の)理想なんですよ。でき過ぎてる(笑)」と自身の願望を投影させたキャラクターだと語る内村監督。

実際に演じた長澤さんも、「(現実には)居ないと思います…」と前置きしつつ、「女子は“自分は久美みたいにはなれない”って分かってはいると思うんです。でも、女子はみんな甲本に、あそこまでしてあげたいって気持ちはあると思います。分からなくはないと。できるるかどうかは人それぞれだけど、みんな持ってる気持ちなんだとは思いました」。

そんな言葉が自然と出てくるあたり、やはり男子は女子に頭が上がらない…。本作では、そんなどうしようもない男子だからこそ、その不器用な“コンビ愛”に笑えて、泣けるわけだが、最後に男子代表として内村監督に、女子代表として長澤さんに、このなんとも不思議な絆をどんな風に見ていたのか聞いてみた。

「女子には気づけない友情がやっぱり男子にはあるから、その芸人さんの友情は、愛情とは違うし、友情だけじゃないとも思うし、なんか絆って言うものが、家族じゃないのにそこまで築けるのは、女性にはちょっとできないことなのかなーと思って、ただただ男の人ってそういう所が、いいとこあるなって。女性には分からない、男子のちょっと子どもな部分っていうのが、“男子もたまには良いとこあるじゃん!”みたいな感じの幸せ感というか、それが観ていてよかったですね」(長澤さん)。

「僕は実際にコンビを組んでいて、お互いにたぶん嫌なところいっぱいあるんだと思んです。もうコンビ結成して28年になるから、お互い色々溜め込んできたんですよね(笑)。だから、お互い絶対嫌なところってあると思うんですよ。でもほんとに嫌いだったら、どのコンビも解散してると思います。“コンビ”って、絶対嫌いじゃない所があるから成立してるんだと思います。男はもう男なりの考え方で、こういう友情を感じ取ってもらえればなぁと思います。今回はお笑いですけど、いろいろな夢に当てはめてもらって、そこのとこを重ねて作品を観てもらえれば嬉しいですね」(内村監督)。

どんな夢も輝かせるためには、厳しい現実の壁をいくつも乗り越えなければいけない。そんなとき、支え合う相方が隣にいれば、背中からギュッと抱きしめてくれる大切な人がいれば、たとえカッコ悪く何度転んでも、きっと男たちは走り続けられるのだろう――前だけを見つめて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top