ジェラルド・バトラー、愛すべきダメ親父を快演!『スマイル、アゲイン』ポスター初解禁

最新ニュース

『スマイル、アゲイン』 -(C) 2011 PLAYING PRODUCTION INC
  • 『スマイル、アゲイン』 -(C) 2011 PLAYING PRODUCTION INC
  • 『スマイル、アゲイン』 -(C) 2011 PLAYING PRODUCTION INC
ウィル&ジェイデン・スミス親子主演の『幸せのちから』で世界中の涙を誘ったガブリエレ・ムッチーノ監督がジェラルド・バトラーらハリウッドの主演級スターをズラリと揃えたことで密かに話題を呼んでいた、『Playing for Keeps』(原題)の邦題が『スマイル、アゲイン』に決定し、このほどポスター・ビジュアルがシネマカフェにいち早く到着した。

ヨーロッパ・サッカー界でスター選手として活躍していたジョージは、ケガで引退。忙しさから放ったらかしにしてしまった妻と息子とは5年も音信不通と、公私共に“戦力外通告”を受け、崖っぷちに立たされる。仕事を失って初めて家族の大切さに気づいたジョージは、暴走と脱線を重ねながら息子との距離を縮めようと努力するが――。

今回解禁となったのは、『オペラ座の怪人』や『300(スリーハンドレッド)』で次々と怪演を見せてきたジェラルド・バトラーが笑顔で息子・ルイスを演じるノア・ロマックスと肩を組み、まさに距離を縮めようとしている様子が伺えるビジュアル。ノアくんは冴えない表情をしているものの、手はしっかりとジェラルドと繋がっているのが印象的だ。

すでに海外では、豪華キャストが勢揃いしたことでも話題となっていた本作。ジェラルドを始め、『ヒッチコック』『トータル・リコール』などの話題作が続くジェシカ・ビール、『シカゴ』のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、『キル・ビル』で華麗なアクションを見せたユマ・サーマンがジュニア・サッカーチームのママ軍団として登場! 

そして目覚ましい活躍を見せるのが、ジョージの息子を演じるノアくんだ。ムッチーノ監督から「説得力のある演技」を見込まれ、ジェラルドに「僕が気に入っているシーンの多くはノアと一緒のシーンだ」と言わしめるほどの好演を見せている。

人と人との絆を丁寧に描き続けているムッチーノ監督の下、豪華キャストがそれぞれの持ち味を存分に発揮し、世代を問わず共感を呼ぶ、ハートウォーミングなヒューマンドラマに仕上がった本作。ジョージは息子の笑顔を再び見ることができるのか? ジェラルドのパパ姿はもちろんのこと、新星・ノアくんの演技にも注目したい!

『スマイル、アゲイン』は、8月17日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

(C) 2011 PLAYING PRODUCTION INC
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top