【玄里BLOG】中野量太監督『チチを撮りに』

最新ニュース

チチを撮りに
  • チチを撮りに
  • 【玄里BLOG】中野量太監督『チチを撮りに』
  • 【玄里BLOG】中野量太監督『チチを撮りに』
こういう作品には「有り難う」って言わなくちゃ。

中野監督がその人生の中で
何を体験して 何を受け止めて乗り越えて来たのか、が
透けてこちらに見えてしまいそうでハラハラするくらい

大切な人の死と、母親と、向かい合ってる。

だから、
女性が強く逞しく描かれてて…良かった。

「良かった」と言うのは“良い悪い”の良かったじゃなくて、

安心しました。ほっとしました。とかそういう類いの「良かった」です。

私が子供という立場に甘えて
見て見ぬふりしてしたかった、母の女の強さと脆さを見つけました。


去年『ラジオデイズ』という作品でご一緒させて頂いた
渡辺真起子さんがお母さん役。

ロビーにはサインポスターとアジア太平洋映画祭・最優秀助演女優賞のトロフィーが飾られていました。(おめでとう! おめでとう!)

勿論そんな冠が無くたって尊敬出来る人。格好いいんだよな真起子さん。

尾野真千子さん主演の短編『琥珀色のキラキラ』との2本立て。

正直、一本目の『琥珀色の~』から泣けて泣けて仕方なかった。
あまり、泣けますよ推しはしたくないのだけれど。

きっと緩急のテンポが素晴らしいんです。
緊張してるところに笑いが来て、心がふわっとした頃にズシンって重いものを
突きつけられる。だからすごく、胸が痛い。でも笑っちゃう。
よく分からなくなってぐちゃぐちゃになる。

朝10字半の上映を観終わって
閑散としたロビーに出たら
あ。一人じゃなくて大切な人と観れば良かった、と

久しぶりに後悔。

離れて住む母親に電話したもの。

そういう、私を素直にさせてくれる映画。

恋人がいなかった人はいても、
父親と母親がいなかった人っていないんだよね。

普遍のテーマですね、家族。


『チチを撮りに』
監督・脚本 中野量太

出演:渡辺真起子/ 柳英里紗、松原菜野花
《text:Hyunri》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top