広末涼子、17年ぶりの連ドラ主演作で“肝っ玉シングルマザー”役に挑戦!

最新ニュース

「スターマン~この星の恋~(仮題)」で17年ぶりに連ドラ主演を務める広末涼子 -(C) (C)関西テレビ
  • 「スターマン~この星の恋~(仮題)」で17年ぶりに連ドラ主演を務める広末涼子 -(C) (C)関西テレビ
  • 「スターマン~この星の恋~(仮題)」で17年ぶりに連ドラ主演を務める広末涼子 -(C) (C)関西テレビ
広末涼子が、17年ぶりに連続TVドラマで主演を務めることが決定。夫に逃げられた“肝っ玉シングルマザー”というこれまでのイメージを一新する挑戦的な役柄で、7月よりスタートする火10の新作ドラマ「スターマン~この星の恋~(仮題)」(関西テレビ・フジテレビ系)に出演する。これを受け、広末さんからコメントが到着した。

夫に逃げられ、3人の息子を育てている男勝りなシングルマザー・佐和子はある日、偶然遭遇した瀕死の青年に一目惚れ。忘れていた女心に火がついた佐和子は、彼を助けるものの、その男はなんと記憶喪失だった。“星男”と男に名付け、記憶喪失をいいことに、3人の父親として同居させることを決意するのだが――。

17年振りの連ドラ主演復帰について広末さんは、今回のオファーに「主演というのはやはり、勇気がいりますね。もちろん、脚本や、監督さんの力も大きいのですが、“看板になる”という意味で。今回、お話をいただいて、映画が続いていたこともあって、やはり自分はテレビっ子で、なんかこう“ホームに帰ってきたという”感覚で、今回は思いっきり楽しい作品を作りたいなと思い、勇気を持って挑ませていただきました」と語る。

そんな広末さんを再びホームへと連れ戻したのが、「ケイゾク」や「TRICK」、「SPEC」などの大ヒットシリーズを次々と世に送り出してきた堤幸彦監督。本作を「とんでもないファミリードラマ」と自ら言いきりながらも、「すごい楽しい、やりがいがあるというか、いい意味での“大きいいたずら”というか。自分自身も楽しんでいる、仕掛けのあるドラマという感じですね」と本作への自信を伺わせる。

この“とんでもないファミリードラマ”は肝っ玉シングルマザーのラブロマンスを描たもの。その“看板”となる広末さんが演じるのは、一人で子育てに奮闘する佐和子。最近では『桜ふたたび』など母役のオファーもあり、プライベートでも2児の母とあって今回の役柄には、「根底にある明るさみたいなものは似ていると思います。それに、パタパタパタパタ…しているところも似ています(笑)。何かバタバタしてる朝の時間みたいなものは、自分もすごく共感できますし、そういう世界はやっぱりリアルだなと思うので、きっとお母さんたちには、笑えて楽しんでもらえると思います」。

さらに、これまでのイメージを覆すような“真っ赤なスウェット”姿で登場するが、この衣装については「いやー、あの赤に赤を合わせてしまうのかと(笑)。それと、あの微妙な丈感! 衣装合わせのとき、どうしたものかと思っていました。何が正解か分からなくて、『監督にお任せします…』と(笑)。でも、カメラ前に立ってその映像を観てみると、不思議と馴染んでいました。そういうものが、堤さんには見えているんだな、と入ってみて(クランクインして)、改めて気がつきましたし、衣装一つでも説得力があると思いました」とも。

共演には、福士蒼汰や小池栄子、山田裕貴、吉行和子、國村隼と、若手から超ベテランまで個性派な面々が顔を揃えている。果たして、どんな作品に仕上がるのか、期待して待ちたい。

ドラマ「スターマン~この星の恋~(仮題)」は関西テレビ・フジテレビ系にて7月より毎週火曜日22時より放送予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top