【玄里BLOG】黒澤明監督『醜聞(スキャンダル)』

最新ニュース

【玄里BLOG】黒澤明監督『醜聞(スキャンダル)』
  • 【玄里BLOG】黒澤明監督『醜聞(スキャンダル)』
  • 【玄里BLOG】黒澤明監督『醜聞(スキャンダル)』
  • 【玄里BLOG】黒澤明監督『醜聞(スキャンダル)』
  • 【玄里BLOG】黒澤明監督『醜聞(スキャンダル)』
Today's Quote

“いま、人物のレベルに合わせた演技が出来る俳優は多くない。反対に偉大な人物を自分のレベルに合わせて縮小してる。”

-Stella Adler


人物のSIZE。三船敏郎さんはやはり偉大でした。あのどっしり感。
撮る側も撮られる側も、どっしりしてるんですよね。


公開されたのは1950年。戦後から5年後。今から60年前。


スタジオシステム。良い時代だった、あの頃は良かった。
とふり返るのは人間の性でしょう。

きっとまた50年後の誰かが
「50年前は良かった、
あの頃はデジタルへの移行期で誰もが映画を撮れるようになって
日本のインディーズが面白かった」なんて言ってるかもしれない。ないものねだり。
いま私たちにできることを謳歌するのです。

ウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』にも、そんな言葉ありましたよね。

人は昔も今も変わらず
弱くてずるくて、正義とは何かを問いかけながら生きてる。

ちなみにスクリーンで観ました。早稲田松竹で『羅生門』と二本立て。
黒澤明監督特集は5月10日(金)までです。


『醜聞(スキャンダル)』

監督: 黒澤明
キャスト: 三船敏郎、山口淑子、志村喬ほか
《text:Hyunri》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top