J・J・エイブラムス、『スター・ウォーズ』に『スター・トレック』の衣装担当を抜擢!

最新ニュース

J・J・エイブラムス -(C) Getty Images
  • J・J・エイブラムス -(C) Getty Images
  • 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 -(C) 2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. STAR TREK and related marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc.
  • ディズニー版『スター・ウォーズ』でメガホンを握るJ.J.エイブラムス -(C) Getty Images
  • J・J・エイブラムス
J・J・エイブラムスが自身の『スター・トレック』シリーズで衣装担当を手がけてきたマイケル・カプランを 『Star Wars: Episode 7』(原題)でも起用した。日本でも8月に公開予定の最新作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を含めシリーズの過去2作品でタッグを組んできたマイケルをエイブラムスは今回、『エピソード7』のコスチューム・デザイナーとしても抜擢した。それについてマイケルは映画サイトのクローズ・オン・フィルムに「『スター・ウォーズ』に参加できるなんて本当に興奮してるよ。J・Jとまた一緒に仕事ができることを楽しみにしてるんだ」と語っている。

エイブラムスがプロデューサーとして参加した『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の衣装も担当したマイケルは、ルーク・スカイウォーカーやハン・ソロ、レイア姫などハリウッド映画史上最も有名なキャラクター達の衣装を作ることになる。

そんなマイケルはこれまでも、『フラッシュダンス』『パール・ハーバー』『ファイト・クラブ』『セブン』など映画のジャンルを問わずにコスチューム・デザイナーとして活躍してきており、1982年の古典的SF作品『ブレードランナー』でコスチューム・デザイナーのチャールズ・ノッドに師事したこともある。また、2009年の『スター・トレック』でもカーク船長を始めエンタープライズ号のクルーの衣装を一新するなど、リブート企画でも成功を収めている。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top