“103キロの恋愛カウンセラー”の言葉に桐谷美玲&高橋真麻、目からウロコ!

最新ニュース

桐谷美玲&高橋真麻(フリーアナウンサー)&羽林由鶴(恋愛カウンセラー)/『100回泣くこと』女性限定試写会
  • 桐谷美玲&高橋真麻(フリーアナウンサー)&羽林由鶴(恋愛カウンセラー)/『100回泣くこと』女性限定試写会
  • 桐谷美玲/『100回泣くこと』女性限定試写会
  • 桐谷美玲/『100回泣くこと』女性限定試写会
大倉忠義(関ジャニ∞)主演の映画『100回泣くこと』の女性限定試写会が6月3日(月)に都内で開催され、ヒロインを演じる桐谷美玲が舞台挨拶に登壇。フリーアナウンサーの高橋真麻と共に恋愛カウンセラーの羽林由鶴の恋愛アドバイスに耳を傾けた。

中村航のベストセラー小説を映画化。バイク事故で記憶の一部を失った青年・藤井と、彼のかつての恋人であり、偶然の再会をきっかけに彼と再び付き合うことになった佳美。彼女は藤井にかつて恋人だったという事実を打ち明けようとしないが、そこには切ない真実があった…。

「女子会イベント」ということでこの日の客席は女性ばかり。桐谷さんは「よく大学の友人とご飯に行くし、女同士というのが一番リラックスできる時間ですね」とニッコリ。高橋アナも「小学校から大学までずっと女子校で女の子と過ごす方がラク。社会人10年目の今でも男性との距離感が掴めないんです…」と明かした。

ここに「103キロの恋愛カウンセラー」の異名をとる羽林さんも加わって、女子による恋愛談義がスタート。観客から寄せられた「好きな人との接し方が分からず、いつも友達止まり」という悩みに高橋さんは「私も自信が持てないタイプ。でも好きな人の前だと(好きということが態度に)出ちゃうんです」と語る。

一方の桐谷さんは「みんな、自信ないと思うけど、ほんのちょっと勇気を出して目を合わせる回数を増やしたり、みんなと遊んだ後に好きな人にだけ『楽しかったね』とメールするとか“ちょっとだけ”行動してみたら?」と提案。

この2人の意見に、羽林さんは「好きという気持ちを上手にバラすのは大人の上手なやり方」と高橋アナの“小悪魔”テクニックを称えつつも、「あからさまだと周りに嫌われます」と注意点も。一方、桐谷さんのアドバイスについては「まさにその通り! 友達の範囲の“ちょっと+α”が大事。可愛く甘えたり弱音を吐いてみるといい」と語った。

「恋愛の仕方が分からない」という女性の悩みに対しても高橋アナは激しく共感。「私も結婚できないかもと思う。いい人っていない! 私もひとりとしか付き合ったことないし、それも29歳と遅い。『女性セブン』に撮られたのがきっかけだから…(苦笑)」とまさに自身も恋が始まるスイッチが分からないよう。

桐谷さんは「映画や少女漫画で妄想して疑似恋愛して、常に女子力を高めておきます」と“自主練”を明かすが、これを羽林さんはバッサリと一刀両断! 「少女漫画を読むと恋愛が下手になります! 中学高校レベル止まりになりますよ。頭と心の成長が合わなくなるので、『いい人いないな…』と思うことに繋がっちゃいます」と解説する。

桐谷さんは「マネージャーといつも車で少女漫画読んでます…(苦笑)」とショックを受けていたが、羽林さんは「“いい人”はそこに存在するというよりも、2人の関係の中でできるもの。恋愛のために何かしようとしない方がいい。そうすると『報われない』と思ってしまうし、すぐに相手を恋愛対象かどうかで見ようとすると○×をつけてしまう。まずは普通に人と関わることが大事! 『嫌いじゃない』くらいから始めて、『この人、いいね』としていくのがいい」と段階を踏んで関係性を築くことの大切さを強調した。

桐谷さんはまさに、人間関係を築く上で“人見知り”であること、それゆえに他人から第一印象で怒っているように思われてしまうと悩みを打ち明けたが、羽林さんはこれに対し「人見知りであることを、初めて会った人に告白しておくといいです。そうすると相手は嫌われてるんじゃないんだと楽になるし、関係が作りやすくなります」とアドバイス。

次々と繰り出される恋愛マスターの言葉に桐谷さんも高橋アナもまさに“目からウロコ”状態で、「なるほど!」と感激しながらアドバイスを受け止めていた。

『100回泣くこと』は6月22日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top