“秘密”を抱えた女子たちの「見栄」に注目 in『華麗なるギャツビー』独占試写会

最新ニュース

『華麗なるギャツビー』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『華麗なるギャツビー』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • レオナルド・ディカプリオ/『華麗なるギャツビー』@第66回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • キャリー・マリガン/『華麗なるギャツビー』ワールド・プレミア in オーストラリア
  • エリザベス・デビッキ/『華麗なるギャツビー』ワールド・プレミア in オーストラリア
  • バズ・ラーマン監督/『華麗なるギャツビー』ワールド・プレミア in オーストラリア
  • 『華麗なるギャツビー』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『華麗なるギャツビー』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『華麗なるギャツビー』 -(C) 2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved
カンヌ国際映画祭のオープニング作品となり、アメリカを皮切りに公開され、世界各国で大ヒットしている『華麗なるギャツビー』。いよいよ今週末に迫った日本公開に先駆け、シネマカフェでは独占試写会を開催。試写会後のアンケート調査では、本作にちなんで自らの“秘密”を明かしてもらった。

原作となった小説「グレード・ギツビー」は、これまでに4回映像化され、中でも1974年にロバート・レッドフォードとミア・ファロー主演で映画化された作品は大ヒットした。そんな人気小説を、主演にレオナルド・ディカプリオを主演に、バズ・ラーマンが(脚本家・プロデューサー・監督)独自の解釈と想像力で、監督初の3D映像で新たに蘇らせた本作。

宮殿のような豪邸に暮らす、謎めいた男・ジェイ・ギャツビー。彼の出自は謎に包まれ、誰も正体を知らない。毎夜のように豪華絢爛なパーティーを開く彼は、隣人・ニックに自らの生い立ちを打ち明けるが、できすぎたその話に「何かを隠している」とニックは直感する…。

主人公・ギャツビーの隠された秘密にちなんで、参加者に自身の“秘密”を聞いてみると、「身長は高め、体重は少なめに言ってしまう」(30代・女性)や、「愛知県のとある市の出身だが、“名古屋出身”と言ってしまう」(20代・女性)といういう思わず張ってしまう見栄に関する秘密が…。ほかにも「彼の好みに合わせて好きでもないものを“好き”と言ってしまう」(30代・女性)、「経済の話など若干分からなくても、理解しているように振る舞う」(30代・女性)など“自分を大きく見せる嘘”は、自身の生活でついてしまうという回答が多数寄せられた。

さらに、ギャツビーを演じたレオナルド・ディカプリイオが『タイタニック』以来、実に15年ぶりに純愛に生きる男を演じたことについては、「レオ様は、やっぱりカッコいい!」(30代・女性)、「ディカプリオは、凄い役者」(30代・女性)とやはり“永遠のプリンス”に心奪われた人が多かったようだ。

また、アメリカが好景気に沸いた1920年代が舞台とあって、「パーティシーンは圧巻!」(30代・女性)や「3Dで観られたから、ゴージャスさがたっぷり楽しめた」(30代・女性)、「映像がキレイでパーティーのシーンはディズニーランドにいるみたい」(30代・女性)など豪華絢爛な世界観についての声も数多く寄せられた。

そして原作ファンの方からは「手を伸ばしても届かない想い、手を伸ばせば届いたはずの想い、手を伸ばすことなく見つめる想い、そんなすれ違いの中でそれぞれが人生を狂わせていく。その悲しみがゴージャスな画面の中にきらめく映画」(50代・男性)という意見など男性からも絶賛の声が挙がっていた。

3Dで浮かび上がる豪華な衣装の数々…あたかも自分がパーティー会場にいるような臨場感、切ない純愛に身を焦がすレオの苦悩する姿にぜひときめいて欲しい。

『華麗なるギャツビー』は6月14日(金)より丸の内ピカデリーほか全国にて2D/3D同時公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top