パリス・ジャクソン、父親の故マイケルが死亡時に運ばれた病院へ転院

最新ニュース

パリス・ジャクソン -(C) Getty Images
  • パリス・ジャクソン -(C) Getty Images
  • パリス・ジャクソン
  • パリス・ジャクソン -(C) Getty Images
先日自殺未遂を起こしたパリス・ジャクソンがロサンゼルス市内の別の病院に転院された。ロサンゼルス市内の病院で72時間に渡って強制的な精神治療の監視下に置かれていたパリスは、その病院から8日(現地時間)、父親の故マイケル・ジャクソンが2009年に死亡した際に運ばれたのと同じUCLAメディカル・センターへと搬送されている。

パリスは先週5日、16歳のプリンス・マイケル、11歳のブランケット、そしてパリスの法的な後見人のひとりでもある83歳の祖母キャサリン・ジャクソンと一緒に住むカリフォルニア州カラバサスの自宅で手首を切った上で、痛み止めのモートリン20錠を服用して自殺未遂を図り、病院に運ばれていた。

さらに翌日の6日には、地元のミッチェル・ベックロフ判事が自殺未遂に至ったパリスの精神的な状態などの身辺調査を求める事態に至っている。というのも、その直前にパリスのいとこで別の法的後見人でもある TJ・ジャクソンがパリスとほかの2人の兄弟のもとから2時間離れたところに引越しをしたと報道されていたからだ。キャサリンの弁護人を務めるペリー・サンダース氏は「New York Daily News」紙に「これらの件に関して我々はミッチェル・ベックロフ判事の決定を100%支持致します」と話している。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top