痩せ過ぎに描かれたビヨンセのスケッチにファンが激怒…のちに炎上!

最新ニュース

ロベルト・カヴァリが描いたビヨンセ&ビヨンセ本人 -(C) Getty Images
  • ロベルト・カヴァリが描いたビヨンセ&ビヨンセ本人 -(C) Getty Images
  • ロベルト・カヴァリが描いたビヨンセ
  • ビヨンセ・ノウルズ -(C) Getty Images
ロベルト・カヴァリがビヨンセ・ノウルズを痩せ過ぎに描いたスケッチを発表したためにネット上で非難轟々の目に遭ってしまった。ロベルトはビヨンセが現在敢行しているワールドツアー「ミセス・カーター・ショー」用に特別にドレスをデザインしているが、そのプレスリリースに載せられたデザイン画では豊満なスタイルが自慢のビヨンセが極度に痩せた姿で描かれている。華やかな柄が美しいカットアウトのドレスを身に纏っているビヨンセだが、曲線美が描かれておらず、細々としたウェストにひょろ長い手足となっている始末だ。

そこで、ロベルトのフェイスブックに投稿されたそのデザイン画を見たビヨンセのファン達はすぐさま、実際とはかけ離れたビヨンセを描いたとしてロベルトに対して怒りを爆発させた。ファンのひとりは「なんで明らかにビヨンセのあの美しいシルエットを無視したスケッチをしたの? なんでブランドって、ほとんどの人が魅力的には感じないような一定の体型を女性に押し付けるのか本当に理解できないわ。本物のビヨンセはとっても魅力的なのに!」と怒りをぶつけた。

ほかのファンも「もしこのスケッチ画が本当にビヨンセを描くものなんだとしたら、ランウェイを歩く病的に痩せたスーパーモデルの現実を反映した想像の産物なんかじゃなくて、なんで本物のビヨンセを描かなかったの? ありのままの彼女はあんなにもゴージャスじゃない。このスケッチの彼女なんかと違ってね」とコメントを投稿している。ただ、ファッションデザインのスケッチというものは普通、背が高く、長い手足のモデルが描かれるものだとの反論も出ている。

今回の件の前には、ビヨンセが広告塔を務めた「H&M」の広告で、ブランド側がフォトショップを使用してビヨンセをヤセ気味にしたとも言われており、そのことにビヨンセが激怒したと報じられていたこともあった。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top