藤原竜也×永作博美W主演!『シレンとラギ』完成披露試写会に5組10名様をご招待

プレゼント

『シレンとラギ』 -(C) 2013ヴィレッヂ・劇団☆新感線
  • 『シレンとラギ』 -(C) 2013ヴィレッヂ・劇団☆新感線
〆切り:6月28日(金)

日時:7月7日(日)18:30開場/19:00開映
場所:スペースFS汐留(東京・汐留)


北と南に国が隔てられた時代。暗殺者の一族に生まれた伝説の女・シレンと、シレンへ羨望の眼差しを向ける若き剣士・ラギがいた。かつてシレンが殺した南の王・ゴダイが復活したとの一報が北に届き、北の重臣・キョウゴクから“ゴダイ暗殺”の命令が、シレンに再び下る。そのシレンの気持ちを悟ったラギは同行を志願、自分の気持ちに寄り添い支える覚悟を見せるラギに、シレンの凍てついた心は次第に溶かされていく。ついにゴダイ襲撃のとき、愛を知ったはずの2人に驚愕の真実が告げられる…。

今年10年目の節目を迎え、延べ全国約40万人を動員している「劇団☆新感線」の人気舞台を映画館で楽しめる人気シリーズ「ゲキ×シネ」の第11弾作品『シレンとラギ』が10月5日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開される。「劇団☆新感線」に初出演の藤原竜也と2回目の登場となった永作博美のW主演で贈る本作は、南北朝時代をベースに、国家間の争いに巻き込まれた北の国の若き剣士“ラギ”と伝説の女暗殺者“シレン”が織りなす悲恋の物語。出演者のほかには南の王・ゴダイには高橋克実、北の重臣・キョウゴクには古田新太が参戦。シレンへの想い、倒すべき敵への憎しみを背負い、運命の歯車に翻弄されるラギに注目だ。こちらの公開を記念して『シレンとラギ』完成披露試写会に5組10名様をご招待。

※当日は、藤原竜也さん、そのほかキャストの舞台挨拶を予定しております。
※本作の上映時間は、1幕(95分)・2幕(76分)の間に15分の休憩がございます。

(C) 2013ヴィレッヂ・劇団☆新感線

※こちらの応募受付は終了致しました。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top