ウィル・スミス、“ギャラが高すぎ”て『インデペンデンス・デイ』続編に起用されず

最新ニュース

ウィル・スミス
  • ウィル・スミス
  • ウィル・スミス&ジェイデン・スミス -(C) Getty Images
  • ウィル・スミス
ウィル・スミスが『インデペンデンス・デイ』の続編に出演しないことが明らかになった。つい先日には、製作元の20世紀フォックスが続編の制作を正式に決定し、公開日も2015年7月3日(現地時間)と発表されたばかりだが、前作に続いてメガホンを取るローランド・エメリッヒは今回、「ギャラが高すぎる」との理由で1996年公開の第1作目でアメリカ空軍のパイロットであるスティーブン・ヒラー大尉を演じたウィルが続投しないと明かしている。

ローランドは、ウィルのことを「ギャラが高すぎるからウィル・スミスはカムバックできないんだ。彼はあれ以来ビッグになりすぎちゃったしね」と話した。さらに、第1作目から20年後を舞台にエイリアンが再び地球に襲来する設定となる続編の脚本には、ビル・プルマンやジェフ・ゴールドブラムらが演じたキャラクターなど多くのキャラクターが前作に引き続き登場すると語っている。「第1作からおなじみのキャラが半分近く登場するんだ」「半分は新しい登場人物だけどね」。

一方で、ビルも最近、続編でホイットモア大統領役を続投する可能性があると口にしていた。そんな『インデペンデンス・デイ』の続編は2部作となる予定で、現在は『ID Forever Part I』(原題)『ID Forever Part II』(原題)と仮タイトルが付けられている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top