【玄里BLOG】宮本杜朗監督『太秦ヤコペッティ』

最新ニュース

【玄里BLOG】宮本杜朗監督『太秦ヤコペッティ』
  • 【玄里BLOG】宮本杜朗監督『太秦ヤコペッティ』
  • 【玄里BLOG】宮本杜朗監督『太秦ヤコペッティ』
  • 【玄里BLOG】宮本杜朗監督『太秦ヤコペッティ』
なんか、分からないけどすごいものを観た!

頭で理解することと身体で感じること。この二つは私にとって大きく違います。

映画を観る時
どちらも大事だけど
どちらかといえば「説明しろって言われても無理、でもすごい!」という感覚が優先。


それから音。耳にねばりつくような音。

あの磁石の家に住む家族の早送りとか
バラバラになった牛の死体とか
ガラス板越しに潰される青虫、肺に突き刺さったストロー…

きっと一生忘れ(られ)ないし
他の映画で観れる気がしない。

ジャンルも、何て括ったらいいんだろう。
スプラッター、グロ、いや芸術映画?


題名はヤコペッティの名前を借りているけれど
どの画もオリジナル。
もりろうくん(監督)の内面から出て来た表現なんだろうなって思う。


ヤコペッティ。『世界残酷物語』のヤコペッティ。
雑誌「映画秘宝」の中で何度かこの名前を見かけて、
でもとても本家はグロそうでまだ観れてません。


試写上映後、いまおかしんじ監督とバッタリ。
いまおかさんの感想は「傑作だなー。●●臭くていい!傑作だよー!!」でした。


最近やっと『苦役列車』を観れて、
ああ台本がすごくいいな、と思ってエンドロール観たら脚本:いまおかさんだった。
前田敦子さんに「おじいちゃん、出しても良いよ」って言わせたり
泥まみれにしたりするあの、あざとさと可愛い変態感が好きだった。


で、そのいまおか監督が言うんだから、傑作間違いなしでしょう。


上映はポレポレ東中野で、6月29日(土)から。是非、劇場で。
太秦ヤコペッティ公式HP:http://www.uzumasa-jacopetti.jp/


玄里OFFICIAL facebook
《text:Hyunri》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top