【高杉さと美 BLOG】『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』

最新ニュース

『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 -(C) BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
  • 『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 -(C) BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
1960年代のロンドン。
冷戦時代に突入し、社会は不安に揺れていた。

幼なじみのジンジャーとローザは、生まれたときからずっと一緒だ。
ファッションのこと、政治のこと、宗教のこと。
なんでも語り合い、共に成長してきた。

だがやがて、2人の間に溝が出来始める。
ずっと変わらないと思っていたものは、少しずつ変化していった。


あの頃ほど、「世界」について考えた時期はなかったな。

わたしを取り囲む世界。 わたしの中にある世界。
それはとても小さく、それでいて限りなく広い。

昨日までの世界を壊して、新しい世界を作る。 
けれどもまた明日には終わりが来て、別の居場所を捜さなければならないのだ。

捉えようとしても一向につかまえることのできない「世界」の正体は、まぎれもなくわたし自身なのだけれど。


思春期の繊細な感情と不条理な世界。
それを越えていく瞬間のきらめきを描いた『ジンジャーの朝』
エル・ファニングが見せる“世界の終わりと始まり”が眩しい一本でした。

8月中旬、公開だそうです。
《text:Satomi Takasugi》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top