【玄里BLOG】大森立嗣監督『さよなら渓谷』

最新ニュース

『さよなら渓谷』
  • 『さよなら渓谷』
  • 『さよなら渓谷』 -(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』 -(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』 -(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』 -(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』 -(C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会
  • 『さよなら渓谷』
平日の昼の回へ行ったのに満員の立ち見。

その前日に行った人も 私の翌日に行った人も言っていた。
「立ち見だった」


そりゃそうよ、と思う。
素晴らしかったもの。

大森立嗣監督と言えば私はこれまで
『ゲルマニウムの夜』が好きだったのだけど
『さよなら渓谷』で一位交代かな。

面白かった、という言葉は何だか使えない。

原作は『悪人』の吉田修一さん。
自分の息子を殺した容疑者宅に連日押し掛ける取材陣。
お隣に住む男女は 一見普通のカップルだけど
とてつもない、過去を抱えていた。
二人にしか分からない。憎しみなのか 愛なのか 一緒にいなければいけない、理由。
主演は真木よう子さん。恋人役は大西信満さん。元恋人役に井浦新さん。記者役に大森南朋さん。


グサグサ来て、静かに終わって行ってクラシック音楽みたいな映画だった。
正直、ここでエンドロール来たら絶頂! というシーンがあって
でもそこから3シーン続いて。あのカットで終わって。

何でだろう。きっと「王道」をやってみたかったのかな、と思う。
立嗣さんの作品は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『まほろ駅前多田便利軒』
全部観てきたけど何だか、
一つ階段をぽーんと登ったんだなって生意気にも思った。


日本映画いいなあ。って新作を観て久しぶりに思ったなあ。
真木よう子さんが相手を求める度 人の肌の、匂いがした。



モスクワ映画祭での審査員特別賞受賞、おめでとうございます。


玄里

玄里OFFICIAL facebook
《text:Hyunri》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top