ショーン・コネリーに逮捕の危機

最新ニュース

ショーン・コネリー&妻のミシェリーヌ-(C) Getty Images
  • ショーン・コネリー&妻のミシェリーヌ-(C) Getty Images
  • ショーン・コネリー
  • ショーン・コネリー&妻のミシェリーヌ-(C) Getty Images
ショーン・コネリーと妻のミシェリーヌさんが逮捕される可能性が出てきた。現在スペインで地元当局が捜査中の不動産が絡んだマネーロンダリング事件に関連して、スペインの裁判所はショーンとミシェリーヌさんが年内に出廷しない場合、逮捕すると警告しているようだ。

ことの発端は、コネリー夫妻が同国のマルベーリャ近郊に持っていた浜辺の住宅を1998年に売却したことに発している。当時2人は複数の再開発業者にその物件を540万ポンド(約8億円)で売り払ったものの、その土地での開発権の売却で得た利益に発生した129万ポンド(約1.9億円)の税金を未払いのままだったと報じられている。

その後、その邸宅は解体され、その地に72棟の豪華アパートが建設されたことで4840万ポンド(約72億円)の利益が発生しているが、地元の法律によれば同地には5棟のみが住宅建設可能とされているため、その72棟ものコンドミニアムは違法に建てられたということが判明した。結果的に、マルベージャの前市長のジュリアン・ムニョスと当時同市の都市計画を担当していたホアン・アントニオ・ロッカの2人が、土地の違法区画整理の罪で逮捕されていた。

この土地スキャンダル事件を巡って、マネーロンダリングの罪を否定しているショーンとミシリーヌの2人は、スペイン当局側から裁判に出廷するように召喚されていたにも関わらず、ショーンの健康状態の悪化を理由に出廷を拒み続けてきている。しかし、再三の召喚命令を無視し続けてきたことで裁判所側も業を煮やし、もし今年中に出廷して事件に関する証拠について証言しない場合、ショーンとミシェリーヌに対して逮捕状を出すことを決めたようだ。

2010年5月からこの事件に関与していることを報じられている2人はスペインを去って以降、現在はバハマに居を構えている。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top