ライアン・ゴズリング、『ドライヴ』の監督と今度はコメディーで再タッグ

最新ニュース

ライアン・ゴズリング&ニコラス・ウィンディング・レフン監督-(C) Getty Images
  • ライアン・ゴズリング&ニコラス・ウィンディング・レフン監督-(C) Getty Images
  • ライアン・ゴズリング
  • ライアン・ゴズリング&ニコラス・ウィンディング・レフン監督-(C) Getty Images
ライアン・ゴズリングとニコラス・ウィンディング・レフン監督が新作コメディーで再タッグを組む計画を立てている。2011年にヒットしたクライム・ドラマ『ドライヴ』に続き、海外では8月公開予定の最新作『Only God Forgives』(原題)でも再びコンビを組んでいる2人だが、すでに現在、次回作としてコメディーを共に作ることを視野に入れているという。ニコラスは英「Total Film」誌に「次に2人でコメディーをやろうって言ってるんだ。ライアンはおしゃべりな役になるだろうね」と明かした。

最新作『Only God Forgives』では観客が「肉体による行動」の演技に集中できるようにと、ライアンにはたった17の台詞しか与えられていないものの、次回作では台詞の量を増やそうと監督のニコラスは考えているようだ。ニコラスは「『ドライヴ』でやったのと同じ感じだよ。基本的には、肉体による行動や動き、それに彼の頭の動かし方から醸し出される雰囲気とかに基づいて、パフォーマンスを構築したんだ」と説明する。

さらにニコラスは、仕事上の最高のパートナーと考えているライアンを「めちゃくちゃ最高」と褒め称えている。「同じ人間と一緒に働き続けると、とっても親密な絆が出てくるんだ。ライアンはめちゃくちゃ最高だよ」。

また、2人の間の特異なビジネス上の関係を説明する上でニコラスは結婚のそれと比較している。「ほら、『なんで奥さんと結婚するんだい?』って聞かれたら『そうだな、一晩中かかるけどいい?』ってなる感じさ。説明するのはとても難しいけど、僕にとってただ単にしっくりくるってだけさ」。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top