フジ「ショムニ2013」初回18.3%…日テレ「Woman」との“水10”バトル初戦制す

最新ニュース

初回放送は視聴率18.3%を記録した「ショムニ2013」
  • 初回放送は視聴率18.3%を記録した「ショムニ2013」
  • 日テレ系「Woman」公式サイト
 フジテレビ系新ドラマ「ショムニ2013」が10日に放送開始し、初回の視聴率は18.3%(関東地区)を記録。同じく“水10”枠で3日放送された日テレ系ドラマ「Woman」の初回視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ)で、今回の“水10”枠バトル初戦はフジ「ショムニ」が制した。

 「ショムニ」の瞬間最高視聴率は21.3%で、午後11時0分、千夏(江角マキコ)とオリジナルショムニメンバーが、ようやく立ち直った詩織(本田翼)を飲みに行こうと誘うシーンと、11時3分、人事部に対してショムニメンバーが「退職しない」と明言する2つのシーンで記録した。

 第1話は、満帆商事が大量のリストラ人事を行うことになり、社内の掃きだめと言われる部署、“庶務二課”を10年ぶりに復活させ、そこにメンバーが送り込まれるストーリー。棒高跳びの選手で会社の広告塔として入社するもけがで挫折し、社内で邪魔者扱いされて退職を考えていた詩織(本田翼)を、千夏が、千夏独特の優しさと厳しさで勇気づけ前へと向き直させるという内容で、ショムニオリジナルメンバーの高橋由美子、京野ことみ、櫻井淳子、戸田恵子、森本レオ、そして高橋克実もゲスト出演し、ストーリーを盛り上げた。

 第2話は、「恋はシステムエラー」と言い切る、不器用なPC依存症の三波まどか(ベッキー)が中心のストーリー展開となる。好スタートの勢いが続くのか、注目される。

※お詫びと訂正――初出時、タイトルおよび本文中に局名の誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

フジ「ショムニ2013」初回視聴率18.3%……日テレ「Woman」との“水10”バトル初戦制す

《花》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top