王道モノとはひと味違う? 今年の夏は、大人のための“極上”恋愛映画が勢ぞろい!

最新ニュース

『31年目の夫婦げんか』(C) 2012 GHS PRODUCTIONS, LLC.  All Rights Reserved.
  • 『31年目の夫婦げんか』(C) 2012 GHS PRODUCTIONS, LLC.  All Rights Reserved.
  • 『31年目の夫婦げんか』 (C) 2012 GHS PRODUCTIONS, LLC.  All Rights Reserved.
  • 『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC
  • 『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC
  • 『ニューヨーク、恋人たちの2日間』-(c)Polaris Film Production & Finance, Senator Film, Saga Film, Tempete sous un Crane Production, Alvy Productions, In Production, TDY Filmproduktion - 2012All rights reserved.
  • 『ニューヨーク、恋人たちの2日間』 -(C) Polaris Film Production & Finance, Senator Film, Saga Film, Tempete sous un Crane Production, Alvy Productions, In Production, TDY Filmproduktion - 2012All rights reserved.
これから本格化する夏休みには、アニメやエンターテインメント超大作など、家族で楽しめるファミリー映画が続々公開される。しかし、実は今年の夏映画、いわゆる王道ラブストーリーともひと味違う、大人のための恋愛映画が目白押し!その中から、極上の3本をピックアップしてみた。

まずは、メリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズというWアカデミー賞受賞俳優が、結婚31年目の熟年夫婦役で共演する、『プラダを着た悪魔』の監督最新作『31年目の夫婦げんか』

夫婦の絆を見つめ直したい妻ケイ(メリル・ストリープ)と、変化を恐れるガンコで保守的な夫アーノルド(トミー・リー・ジョーンズ)。ある日、ケイはもういちど人生を輝かせるため、アーノルドに黙って1週間の滞在型夫婦カウンセリングを予約する。だが二人を待っていたのは、予想もしなかった“試練”続きの、驚きのセラピー。初めて感情をさらけ出すケイ、次第に本心を打ち明け始めるアーノルド。果たして、二人が見つけ出した答えとは──?

奇想天外なセラピーを受けながら、互いの残りの人生をかけた“31年目の夫婦げんか“を、ときにシリアスに、けれどユーモアいっぱいに描く本作。永遠の愛を誓い夫婦となった二人が、31年目にして初めて本音をぶつけ合う姿に、いち早く行われたマスコミ試写では、「こんなに号泣とは思わなかった…」と目を真っ赤にして走り去る女性ライターが続出しているとか!? 

今日も明日も明後日も、一緒に笑っていたいのに、長く一緒にいればいるほど、すれ違う心。結婚の有無に限らず、女性なら誰しもケイの心の痛みに共感し、自然と涙があふれ出すことだろう。

また、永遠の愛をテーマにするのは、巨匠テレンス・マリック監督×『アルゴ』ベン・アフレック主演で贈る、8月9日公開の『トゥ・ザ・ワンダー』だ。

ニール(ベン・アフレック)は、フランス旅行中に出会ったマリーナ(オルガ・キュリレンコ)と深く愛し合うが、ふたりの幸せな時間は長く続かなかった。やがて、マリーナへの情熱を失い、幼なじみのジェーン(レイチェル・マクアダムス)に心奪われるニール。愛とは何か? 永遠の愛は可能なのか? 鬼才監督が息を呑むような映像美で魅せる、心が切り裂かれるほどの大人の恋愛映画。真実の愛の物語ははかなく、残酷。だからこそ、切ないのかもしれない。

大人の恋愛といえば、世界中の映画ファンから賞賛された『パリ、恋人たちの2日間』の“続編“にあたる『ニューヨーク、恋人たちの2日間』が、7月27日より全国順次公開となる。

さまざまな人種の“るつぼ”と呼ばれる街、ニューヨーク。順調に交際中と思えたマリオン(ジュリー・デルピー)とミンガス(クリス・ロック)のカップルに、思いがけない事件が次々に勃発する“トラブル続きの2日間”が訪れる。アメリカ人とフランス人の“カルチャーギャップ”や、ふだんは胸に隠している“男女それぞれの本音”を、ユーモラスに笑い飛ばすと思いきや、シャープにえぐり出していく本作。その2日間が終わりを迎えるとき、知らぬ間に胸に押し寄せる、ほろ苦く幸せな感動は、大人だからこそ味わえる感覚だろう。

本音をさらけ合えば合うほど、ときに離れてしまったり、見えなくなってしまう相手の気持ち。そんな不器用で複雑な大人たちにこそ、この夏の恋愛映画が必要なのだ。

『31年目の夫婦げんか』は7月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top