ナタリー・ポートマン、監督デビューがついに実現か

最新ニュース

ナタリー・ポートマン-(C) Getty Images
  • ナタリー・ポートマン-(C) Getty Images
  • ナタリー・ポートマン
  • ナタリー・ポートマン-(C) Getty Images
ナタリー・ポートマンの監督デビューがついに実現しそうだ。2007年にもイスラエル人作家アモス・オズの原作「ア・テイル・オブ・ラブ・アンド・ダークネス」の映画化作品で初監督を務めると伝えられていたものの、その後長らく進捗しない状況が続いていた。

しかし、ついにナタリーは2人の脚本家と共にこの映画化用の脚本を完成させたようで、現在は原作者のアモスの承認待ちだそうだ。さらに、この映画化作品で出演も果たす見込みのナタリーは、9月にもイスラエルに飛んでロケハンをする予定になっているという。

一方で、自身が主演とプロデュースを兼務する最新作『Jane Got a Gun』(原題)もキャスティングで問題が続いており、マイケル・ファスベンダー、ジュード・ロウ、ブラッドリー・クーパーらが立て続けに降板したことを受け、現在はユアン・マクレガーが出演交渉中だ。

また、ナタリーはジャスティン・カーゼル監督がシェイクスピアの原作を再映画化する『Macbeth』(原題)で、『Jane Got a Gun』ではタッグが実現しなかったマイケルと共演予定だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top