主演メリル・ストリープほか著名人が共感コメント 『31年目の夫婦げんか』

最新ニュース

『31年目の夫婦げんか』メリル・ストリープ2012 GHS PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved
  • 『31年目の夫婦げんか』メリル・ストリープ2012 GHS PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved
  • 『31年目の夫婦げんか』
  • 『31年目の夫婦げんか』トミー・リー・ジョーンズ
  • 『31年目の夫婦げんか』
  • 『31年目の夫婦げんか』
  • 『31年目の夫婦げんか』
  • 向かって左からスティーヴ・カレル、メリル・ストリープ、トミー・リー・ジョーンズ、デヴィッド・フランケル監督
寝室は別、夫は日々ゴルフ番組を見続け、毎日同じ動作と会話の繰り返し。そんなよくある(?)夫婦の姿を描いた『31年目の夫婦げんか』で、夫婦の絆を見つめ直したいと思い立つ妻ケイを演じたメリル・ストリープが、自身の夫婦観や役柄への思い、名優トミー・リー・ジョーンズとの共演を語ってくれた。

結婚31年目。安定してはいるけれど、もはや夫婦生活の波風すら立たなくなった、この夫婦について、メリルは「2人の結婚生活にはしっかりした基盤があるけど、ケイはその暮らしの中でむなしさを感じているの。彼女は結び付きを求めている」と、彼女の心情を代弁する。

「毎日、一緒に過ごす夫ともっと関わって愛したかったし、彼にも向き合ってもらい、愛してほしかったのよ」とメリルが語るように、本作は、女性だからこそ共感できる感情が、痛いほど伝わるストーリーとなっている。

積極的に悩みに立ち向かう妻とは打って変わって、変化を恐れるガンコで保守的な夫アーノルドを演じるのは、トミー・リー・ジョーンズ。実は2人が共演するのは本作が初めてとなる。

「彼の演技の特長は表現が率直なところだと思う。だからアーノルドが消極的なのも芝居から分かるし、その原因も透けて見える。ケイが不満を感じるわけや彼を愛する理由も分かるの」と、トミーの演技力を分析するメリル。「それは冒頭からも伝わってくる。すごく明白にね」という言葉通り、2人の夫婦ぶりは初共演とは思えない自然なものだ。

本作は、そんな夫婦がとんでもない奇想天外なセラピーを受けながら、互いの残りの人生をかけた“31年目の夫婦げんか”を、真剣だけどユーモアいっぱいに描く。監督を務めるのは、『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル。メリルとは2度目のタッグとなるだけに、「信頼し合ってるから気兼ねなく演技できた」と、安心してケイを演じられたことを明かした。

また、本映像でメリルは「身近によくある夫婦の姿なのよ」と語っているが、実は、本作をいち早く見た著名人からも、“他人事じゃない”リアルな結婚生活に共感したという声が多数届いている。

漫画家の柴門ふみは「ああ、これはウチの家庭と全く同じだわと、20年以上結婚生活を送る女性なら誰でも間違いなく共感することでしょう。照れや、傷つく事が恐くて言い出せなかった“貴女”の本音を、メリル・ストリープがスクリーン上で代弁してくれています。 そして、トミー・リー・ジョーンズに、不器用な“貴女の夫”の姿が重なるはず。見終わった後、ちょっぴり夫に優しくしてあげたくなるので、男性にとっても、喜ばしい映画なのです」と言う。

また、モデルでアーティストの土屋アンナも、「子供たちも育ち、夫婦2人だけの時間を過ごす結婚生活、長い年月を積み重ねていくうちに、お互いの事を理解していない現実! 痛切な気持ちになっていくよね……。寂しい結婚生活に再びときめく愛を心から望んだ彼女。お互いをもう一度知り合うために全てをさらけ出し、思いのベールを一枚ずつ剥がしていく……。そして、最後に残ったものは2人が想いあえる愛だったー! こんなふうになれたら本当に幸せだよね~」と、ケイとアーノルドの姿に共感した様子だ。

「うちは結婚まだ4年目……。なのに全然他人ごとじゃない!」と話すのは、漫画家・倉田真由美。「熱を持った“恋愛期間”が終わると、きっと6割くらいの夫婦はこんな形になるんだと思う。別れる夫婦もいるし、 きっと悪い形じゃないんだけど、でもやっぱり何か足りない気がする……。あがくことすら忘れ果てる前に、何度も観直したい」とコメントする。

傷つくことを恐れて言い出せなかった本音をぶつけ合って初めて、もう一度、知り合い、そしてもう一度、夫婦になる。そんな「理想的な“夫婦げんか”」(倉田)の行く末を、ぜひ劇場で確かめてみて。

『31年目の夫婦げんか』は7月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテほか全国にて公開。


《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top