【玄里BLOG】トラウマ映画:『トゥルーマン・ショー』(1998年)

最新ニュース

【玄里BLOG】トラウマ映画:『トゥルーマン・ショー』(1998年)
  • 【玄里BLOG】トラウマ映画:『トゥルーマン・ショー』(1998年)
  • 【玄里BLOG】トラウマ映画:『トゥルーマン・ショー』(1998年)
  • 【玄里BLOG】トラウマ映画:『トゥルーマン・ショー』(1998年)
  • 【玄里BLOG】トラウマ映画:『トゥルーマン・ショー』(1998年)
  • 【玄里BLOG】トラウマ映画:『トゥルーマン・ショー』(1998年)
  • 【玄里BLOG】トラウマ映画:『トゥルーマン・ショー』(1998年)
  • 【玄里BLOG】トラウマ映画:『トゥルーマン・ショー』(1998年)
ブルガリアに着きました。

機内で観た『トゥルーマン・ショー』、『ミーンガールズ』、『イントゥ・ザ・ワイルド』それから『スラムドッグ$ミリオネア』のサントラ。
どれも最高。

『トゥルーマン・ショー』は小学校の頃に観てトラウマになった映画。このタイミングで見返すの。


実は生まれたときからリアリティショーの主人公だったことに気付いたトゥルーマン(ジム・キャリー)が 何とか脱走を計って舟で海にこぎ出すも巨大セットのヘリに小さな舳先がこつんとぶつかる瞬間。


…こういうのを絶望というんだろなって子供心に思ったのです。
あと、自分だけ知らない、とか。怖い、こわい。
でも幸せかも。すごく嫌だけど。でもやっぱり嫌。


地球の端っこ。15時間飛行機に乗ってここまで来たけど、
結局は自分の足で歩いて行けるところが、自分の世界の端っこなんだって気もします。

自力で戻れなくなるくらい長い散歩をしても
タクシーでものの30分。そんなことが昨日も、あったから。


セットが山の上で、ホテルが山の中腹。
周りに何もなくて、いまのところホテルとジムの往復のみ。
人間の平均体型の感覚が崩れてきています。視界に入るのはマッチョに次ぐマッチョ。私の太ももよりニの腕が太い人たち! メジャーで測ったんですもん。間違いないです。


集合写真は、一足先にクランクアップしたハル・ヤマノウチさんのお見送り。
ハルさんは近々日本でも公開される『ウルヴァリン:SAMURAI』に出演されてます。主人公(ヒュー・ジャックマン)を数奇な運命に誘い込む、日本のヤクザの親玉役ですって。


ソフィアの街の方にIMAXの劇場があるみたいです。この小さな街に。
今回のキャストの中には
『ウルヴァリン』のほかに『47RONIN』の方々がいるので次の休みに観に行きますよ。


IMAX&3D&ハリウッド映画=片手にポップコーン必須、ですかね。いつも、食べないで終わっちゃうから買わないんです。


普段日本じゃしないことをしてみようかと。


玄里

玄里OFFICIAL facebook
《text:Hyunri》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top