アンドリュー・ガーフィールド、新作はマネーロンダリングの世界

最新ニュース

アンドリュー・ガーフィールド-(C) Getty Images
  • アンドリュー・ガーフィールド-(C) Getty Images
  • アンドリュー・ガーフィールド
  • アンドリュー・ガーフィールド-(C) Getty Images
アンドリュー・ガーフィールドが新作『99 Homes』(原題)に出演することになりそうだ。「The Hollywood Reporter」の報道によれば、ラミン・バーラニがメガホンを取る本作でアンドリューは、自宅を失ったことでマネーロンダリングの世界に足を踏み入れてしまう主人公役の候補に挙げられているようだ。

不動産保有者をそれぞれの持ち家から退去させる目的で、あえて自らの自宅の抵当権を失うやり口の不動産ブローカーと共に仕事をする主人公が、自分の仕事によってそのブローカーが政府のお金を横領するのを間接的に助けていることに気づき、良心の呵責に苦しむという役どころだ。現在プロデューサー陣は、その巧妙な手口の不動産ブローカー役に向けてキャスティングを進めている。

本作で監督を務めるラミンはこれまでも、パキスタン人のロックスターがニューヨーク、マンハッタンの街頭で行商人にまで転落する苦難を描いた『マン・プッシュ・カート』で数々の映画賞を獲得していることからも、2008年以降の金融危機下における経済問題を炙り出す本作には適任だ。

デニス・クウェイドとザック・エフロンが共演したラミンの最新作『At Any Price』(原題)を製作したツリーハウス・ピクチャーズ社により、ケヴィン・チューレンとジャスティン・ナッピがプロデューサーに起用されている。

そんな硬派なテーマの本作に出演見込みのアンドリューが主演する人気シリーズ最新作『アメイジング・スパイダーマン2』は来年夏に公開予定だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top