三谷幸喜の世界観展…映画美術の展覧会 10月12日-11月17日

最新ニュース

 美術監督・種田陽平が手がけた映画美術と三谷幸喜映画の世界観を体感できる「種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展~『清須会議』までの映画美術の軌跡、そして…~」が、2013年10月12日(土)~11月17日(日)の期間、上野の森美術館にて開催される。
 
 世界の著名な映画監督から絶大な信頼と高い評価を受ける美術監督・種田陽平は、日本のエンターテインメント界を代表するヒットメーカーである三谷幸喜が作るリアルだけど、おとぎ話のような世界観を具現化する映画セットを数多く手がけ、これまでにも数多くの注目を集めてきた。

 本展では、そんな映画撮影におけるセット製作のための貴重な資料や、実際に撮影に使用された装飾、小道具や模型などを展示。また展示を通して、種田陽平のセットがどのように形になり、どのように三谷映画の世界を彩ったのかを、2人がタッグを組んだ3作品『THE 有頂天ホテル』・『ザ・マジックアワー』・『ステキな金縛り』と、2013年11月9日公開予定の最新作『清須会議』を中心に紹介していくという。

 開催にあたり、種田監督は、「映画美術は映画のための世界観、つまり“偽りの空間”をつくる…その空間をセットにすることは美術の重要な仕事の一つです。三谷幸喜さんは物語のための映画のセットをとても大事にしてくれる映画監督です。CG全盛の時代にあって、三谷映画独特の『役者と共演する映画美術』とそのディテールを、海外作品での仕事と併せ皆様にご覧頂けることを大変嬉しく思います」と、喜びのコメントを寄せている。

 三谷映画ファンはもちろんのこと、映画そのものが好きな人にも必見の美術展をご覧いただきたい。

■「種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展』
~『清須会議』までの映画美術の軌跡、そして…~ 」
会期:2013年10月12日(土)~11月17日(日) ※会期中無休
開館時間:午前10時~午後5時(入場は閉館の30分前まで)
会場:上野の森美術館
※土曜日、11/3(日・祝)、11/15(金)は午後8時まで開館
主催:産経新聞社、フジテレビジョン、日本美術協会 上野の森美術館

『ステキな金縛り』や『清須会議』など三谷幸喜の世界観を体感!美術監督・種田陽平の映画美術の展覧会を開催!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top