マラソン大会デビューは海外で! 「グアム ココハーフマラソン&駅伝リレー」

最新ニュース

「グアム ココハーフマラソン&駅伝リレー」
  • 「グアム ココハーフマラソン&駅伝リレー」
  • 「グアム ココハーフマラソン&駅伝リレー」
  • グラムのキャラクター、ココ・バード
ランニングやマラソンが様々な世代の人々のライフスタイルに定着し、今年も引き続きマラソン人口が増加中だ。マラソン大会デビューは国内だけでなく、海外で!という人も多いなかで、日本からもほど近いアジアや南東の国々でのマラソン大会が人気を集めている。

「日本から一番近いアメリカ」と呼ばれるグアムで毎年開催されているのが「グアム ココハーフマラソン&駅伝リレー」だ。日本から飛行機で3時間半、時差は1時間と身体への負担も少なく、美しいビーチ沿いを走るコースが魅力。レースは、ビギナーでも挑戦しやすいハーフマラソン、4人グループでハーフマラソンの距離を走る駅伝が同時に開催されるユニークなレース内容で、昨年も1,820名を超える参加者数(日本からも606人のランナーが参加)を記録した。

「グアム ココハーフマラソン&駅伝リレー」は、今年で8回目の開催を迎え、国際陸上競技連盟(IAAF)公認コースで、グアム政府観光局主催のもと10月20日(日)に開催だ。レースへの参加についての詳細は、グアム政府観光局ホームページで確認することができる。

ところで大会のネーミングにもなっている「ココ」は、ココ・バードのことで、絶滅危惧種のグアム固有の鳥で、グアムクイナとも呼ばれる鳥のことだ。地上に巣を作る飛べない鳥としても知られ、近年は絶滅の危機に瀕しているが、グアム ココロードレースのエントリー料金の一部が、「ココ・バード」の保護活動に使用されいる。グアムでは、このココ・バードが島のキャラクターとしても親しまれており、島内の様々な場所でかわいいココ・バードのイラストを見ることができる。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top